隅田川POG 2017-2018 指名理由など

関東馬限定隅田川POG。指名8頭。
ふり返り用に指名理由を書き残しておきます。

1位 母シャンハイロック 父スクリーンヒーロー 馬名:ジェネラーレウーノ 厩舎:矢野英

先日の記事で書いた通り。「この馬主さんのノーザンの馬は友道厩舎に預けられることが多く、セールの時に吉田勝己さんが(本馬を)絶賛していたのに、なぜ友道厩舎ではなく矢野厩舎なのか」と鑑定士が言ってて一抹の不安も。

2位 母レッドファンタジア 父ディープインパクト 馬名:レッドベルローズ 厩舎:鹿戸
筋肉が滑らかなディープインパクト牝馬。デビューは秋~冬が見通されるも、募集時より逞しさが増し父の成長力を考慮し一発あるならと早めの順位で指名。鹿戸厩舎は小柄な牝馬を育てるのが上手い。

3位 母メジロジェニファー 父ダイワメジャー 馬名:ロジスカーレット 厩舎:国枝
セレクトセール時からダイワメジャー牡馬とは思えないバランスの良さと薄付きで品のある筋肉。母は500キロを超える大型馬で、ダイワメジャー×ホワイトマズルというラーメン二郎の油マシマシみたいな字面なのに450キロも無いらしい。新種のダイワメジャー。

4位 母ギャビーズゴールデンギャル 父ディープインパクト 馬名:ダイワギャバン 厩舎:菊沢
セレクトセール1億円超えのディープ牡馬。ダイワ×社台×菊沢厩舎でセール高馬のプロフィールはプリンシパルSを制したダイワキャグニーと同じ。馬体見たらダートっぽい筋肉してたけど気にしない。菊沢マジックでプリンシパルS連覇を目指してほしいです。

5位 母ハイドバウンド 競合ハズレ
5位 母イストワール 父ルーラーシップ 馬名:ナラトゥリス 厩舎:加藤征

募集時より気になってたのでリストへ。下位予定も一口会員の方が多いドラフトだったので早めの指名。ルーラーシップ牡馬は仕上がり遅くスピードも無いのがPOG的に悩ましいのですが、本馬は順調で夏デビューも見通されているので…と思ったら牝馬だった。

6位 母ポジションリミット 父ディープインパクト 馬名:ミッキーポジション 厩舎:菊沢
グランド牧場が売るためにディープを付けてる馬はガチなはず。といっても重賞勝ったのは去年のカデナだけ。それでも関東限定ならリストに忍ばせておいても損はない。しかも菊沢厩舎。さっき競合で取れなかったハイドバウンドと同じ菊沢厩舎×野田みづき氏。

7位 母ジーントウショウ 父ヨハネスブルグ 馬名:トーセンクロノス 厩舎:小笠
ブリーズアップセールで目に付いた馬。ブリーズアップのヨハネスなら夏にはデビューしてくれるでしょう。指名理由はそれだけです。

8位 母アースリヴィング 父ハーツクライ 馬名:シネマソングス 厩舎:小笠
関東馬限定とはいえなぜ小笠厩舎を2頭も指名してしまったのか。でもUAEの1000ギニーとオークスで2着の実績を持つ厩舎は日本で小笠厩舎だけ。薄手のハーツクライ産駒でリスグラシューのようなイメージ。

広告

POG 2017-2018 気になった馬たち

2017年の新馬戦も始まり、POGを楽しんでいる人たちには新しい一年の幕が開けました。
今年はわいわいPOG(一人50頭指名するという狂気的なPOGです)に参加できなかったので、来年の振り返り用として今年気になった馬、ドラフトをやるなら上位で指名したいと思っている馬とその寸評を書き残しておこうと思います。

母:ギーニョ 父:キングカメハメハ
グリーンチャンネルで放映されていた2歳馬カタログという番組で調教映像を見てのチョイス。筋肉が軽くそれでいてキンカメの力感が備わっている走り。かつ体軸も確りしているので四肢が長いのにも関わらず安定感のある動きが目に付きました。立写真を見ると肩が窮屈に見える所もあるので成長次第な所はありますが、芝中距離向きでクラシックにのってほしい一頭。

母:プライドスペル 父:ディープインパクト
各媒体で大きく取り上げられているので今更多くを語る必要はないでしょうか。不安というか懸念点は馬体が藤原厩舎っぽくないところ。まぁノーザンフアームさんの馬ですしそんなことは杞憂なのですがね。

母:エイシンパンサー 父:ドリームジャーニー
GCの2歳馬カタログで調教映像より。母と父のイメージから大分小さい馬なのかなと思いきや程よいサイズ。芝マイル向きの体型で仕上がりが早そうなのも○

母:シャンハイロック 父:スクリーンヒーロー
去年のセレクションセールをチェックしていた時に気になった馬。スクリーンヒーロー産らしいしなやかな筋肉を纏った馬体で恐らく晩成タイプではないはず。と思ってたらもう入厩しているよう。グァンチャーレみたいなイメージで。

母:エレクトラレーン 父ディープインパクト
社台RHで募集当時から気になってた馬で、POG媒体で写真を見たところ当時のイメージのまま成長してきてくれていました。前後躯のバランスや関節の強さ、筋肉の質など芝で弾けるような印象しかなく、ある程度体のサイズがあるのもプラス。

母:シーザリオ 父:キングカメハメハ
シーザリオの仔はある程度骨格が大きく出ないと持ち味が活きないと考えているので、牝馬ではやや期待に劣るのではと募集時にあまり評価出来なかったのですが、GCの2歳時カタログの動きを見ていたらその当時から想像も出来なかった動きを披露していたので何度かリピートしてしまいました。背中が短く体幹が強いのか軸が確りしていて母やエピファネイアに似た肩のラインから力強い前捌きも見て取れます。曲飛でトモの骨格もあまり良くありませんが、それを補うだけの長所があってデビューが楽しみです。

母:スターアイル 父:ディープインパクト
同じくGCの2歳馬カタログで調教映像より。ミッキーアイルをそのまま牝馬にした体型。その分疲れは溜まり易いかもしれませんが、バネがあっていかにもスピードに優れてるといった印象を持ちました。

母:コッコレ 父:ハードスパン
この前のHBAトレーニングセールで良いフットワークを見せてた馬。トモが丸いし全体的にゴツゴツしてるからダートかもしれません。ハードスパンってなんやねん

ファンディーナを見に行って来ました

新馬戦、500万と圧巻のパフォーマンスを見せて来たファンディーナ。脚の使い方(走り方)が素晴らしいのはレース映像を見れば明らかなのですが、パドック的にどんな素晴らしいものを持っている馬なのだろうと気になって夜しか寝れない日々が続いていたところ、フラワーCに出走するということでこれは行かねばと見に行ってきました。


(素晴らしい馬なので、iphoneで撮ったショボイ画質の動画ではなく、ぜひ競馬場で実馬を見られることをおすすめします)

まず目につくのはその雄大な馬体です。500キロもある牝馬なんぞなかなかお目に掛かれません。それがお腹がタップリしているのかただ筋肉量が多いだけなのか、骨が太いだけなのかによって意味は変わってくると思いますが、ファンディーナは500キロあって背が高く脚も長いのにもかかわらず捌きに硬さがなく軽やかで全く重さを感じさせないんですよね。そこがまずファンディーナの凄さの一つ。

二つ目は、それだけの体付きをしていながらも緩さの無い所です。全く緩くないわけではありませんが、今の時期このような大型馬は、得てして筋肉や関節に緩さがあるものです。それは悪い意味ではなく、体付きが大きい馬はそうでない馬と比べ骨や筋肉が確りしてくるまでにそれだけの時間が掛かるはずという意味で、すでにファンディーナは自身の体を確りと動かせるだけの筋力を備えているということです。ただデビューが遅かったことを考えると、元々兼ね備えていたというよりはじっくりと鍛えられていって今の下地が作られていったと見るべきでしょうか。もちろん、それに応えていったファンディーナの素質がすばらしいことには変わりありません。

三つ目は動きに無駄がない所です。先ほどの「緩さ」と少し被りますが、背腰が確りしているのは言うまでもなく、飛節や繋ぎなど各関節に無駄な遊びが無く、地面を実直に捉えそして蹴るという動作を力強くかつ効率よく行えているなという造りに見えます。ディープインパクト産駒らしいいわゆる「バネ」のようなものを兼ね備えているようには見えず、繋ぎも脚の長さと比べたらやや短め。だから脚長なのにややピッチ気味の走りをするんだな~とレース映像を見ていて疑問に感じていたところに合点がいきました。これで繋ぎが長くトモや腰に緩さがあるような造りだったらきっと大トビの馬だったに違いありせん。それはそれでこの馬の一つの強みになっていたかもしれませんが…きっと勝負所でスッと動ける自在性や俊敏性は失われていたことでしょう。

あえてファンディーナにいちゃもんをつけるとすれば、まだ目の前のレースで自分の才能を発揮しているだけという競馬で、ダルビッシュ投手や松坂投手が甲子園で大暴れしているという感じのレースしかしていない所。それでも十分凄いのですが、現状は能力が違い過ぎるので自身の才能以上のレースをしていないはず。今後は自身の能力の限界に近い、あるいはそれを超える様なレースとなったときにどう対応できるか。つまり雄大な体を動かし続けるだけのスタミナを備えていけるかどうか、ですね。牝馬ながらダービーを制したウオッカはその後しばらく勝ち負けから遠いレースばかりしていました。一概には言えませんが、それまで才能だけで走っていたウオッカも苦しい時期の鍛錬を乗り越えたからダービーを制したときより強くなったウオッカとしてあれだけの成績を残す馬に成長していったはずです。今後厳しいレースを乗り越えていってより強くなっていくであろうファンディーナの成長を見守りましょう。そして、その走りで競馬を盛り上げていってもらいたいですね。