京成杯、日経新春杯 フォトパドック

『もしドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら』という経済学の本を読んだのですが、自分だったら翻訳こんにゃくを手に入れて馬に食べさせたいですねw

 

■京成杯

ショウナンパルフェ

これは良い馬ですね!兄のアルバがウォーエンブレムだったのに対し弟はアグネスタキオン。伸びあってしなやかな所がタキオンの良さとして出てますね。斜尻で瞬発力あり中山の中距離コースが向く造り。まだまだ緩い所ありますが順調に行けば皐月賞の有力候補。

 

■日経新春杯

コスモヘレノス

昨年の弥生賞で本命にした馬です。その時の評価が

首差し柔らかで中~長距離に適性がありそうな感じです。トモから繋ぎに掛けてあまりスピードの高さを感じないので瞬発力が求められるGⅠでは厳しそうですが、明日のような馬場で展開が向けば一発は有りそうです。

今回も距離は合うんですが、京都外回りは合わないと思います。上手く逃げて2、3着でしょうか。

 

ルーラーシップ

ブックのコメントにもあるように皮膚の薄さは特筆物。胸前の筋肉幅など素質良く広い走りをする馬なので前走より条件好転。噂によると同馬主のローズキングダムが出走するからルーラーシップは回避するみたいですが、ルーラーシップの方が後々は良い馬になって行くと思うんですけどねw

 

ローズキングダム

中長距離向きの造りに一見見えますが、肩立ち気味なこともありピッチ気味の走り。中長距離で持続力が問われるような流れになったら厳しいと思います…と言うたびにスローで良い位置から上がり3ハロン33秒代の脚をコンスタントに使えるこの馬向きの流れになってきました。。まぁそれでも連を外さないのですから走るセンスがある馬なのですがね。気性的な問題も無く、この手の馬は体調面に余程の不安を見せない限り常に押さえが必要です。…自分は買いませんがw

(※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより)

 

日経新春杯はハンデ戦ですが、上位馬と下位馬の力差がはっきりとあるように思えます。が、

ローズキングダムと適性はド真逆ですが、“あの馬”が天皇賞春以来やっと適条件に出てきたので、自分はその馬を応援しますw

広告

京成杯、日経新春杯 フォトパドック」への6件のフィードバック

  1. パルフェはさすが内田Jが惚れ込んでいるといった感じでしょうか?
    そうなると今回に限ってはますます
    スマートロビンに奮起してほしいと思ってしまいます・・。

    ルーラーはフォトパ見たとき、素人目線から見ても、
    「おおっ~!」って思いました。

    撮影日がレースでも(・・のが?)いいぐらい?

    • >ばんとさん

      ルーラーシップはさすが良血!と言った皮膚の持ち主です。
      当初AJCCに出走予定だったそうですが、今日のニュースみたらやっぱり日経新春杯使うみたいですね。愉しみです!

  2. こちらでもよろしくお願いします!!

    かれこれ、きさらぎ賞以来の付き合い。やはり、昨年の春天では勝負しました。

    高速馬場で前が止まりませんでしたが、それでも届いて欲しかった〜(-.-;)

    今年こそ!の思いです(^_^)

    • >紫草さん

      こちらこそよろしくいおねがいします!
      おお!永いお付き合いのようでw自分も春天は勝負でしたよ~。
      ハンデ重賞ですし、今回は軽い気持ちで買ってみます。
      (そういう時に限って爆走しそうですが…w)

  3. ええええぇぇ!!
    ルーラーシップは回避なんすか?
    せっかく、期待してたのに(T T)
    二頭出しでもいーじゃん!!!w

    パルフェくんの高評価、うれしいです^^
    「斜尻」って初めて聞くワードですけど(見落とし?)
    中山のパドックで何となく漠然と思ってた、あの体型なんだろうか?
    ネコ科を感じさせる瞬発タイプ……
    馬柱に目を落とすと決まって差し脚質だったあのタイプ……
    うーーーん^^;

    • >りゅうさん

      ルーラーシップ、昨日はAJCCに出走予定だったのですが、今日ニュース見たらこっちに出るみたいですね。こういうのは何か嫌な予感がするのですが(汗

      斜尻はサンデー系に良く見られるお尻(骨格レベルでの話でもあります)で、頂点からトモの後にかけて斜めに見える尻の形のことです。

      トモの種類として「平尻」「斜尻」の分類が良くされますが、それぞれの特徴は下記リンク先をご覧ください。(画が極端なのが微妙ですが、イメージとして捉えやすいかと)

      http://www.umaichi.com/souma/practice/practice_stp04.html

      トモの形だけでなく飛節や脛など、後脚全体のバランスとして考えるのが正しい見方かとは思いますが、平尻か斜尻かを見て「持続型」か「瞬発型」かを判断するのも一つの手かもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中