きさらぎ賞回顧

今週は諸事情によりPHOTOパドックはお休みということで…代わりにきらさぎ賞の回顧でも。

と言っても、リアルタイムでパドック見ていた訳ではないので、Youtubeに「keibaPaddock」さんが毎週アップしてくださっているパドック映像を見ての回顧です。keibaPaddockさんは全ての開催全てのレースを毎週毎週アップしてくださっており、都合などで全てのレースを見れない馬体派としては非常に助かっております。この場を借りてお礼申し上げます。

それでは、

1-1 リアライズペガサス…若干気負い気味。馬体は特に。。

2-2 マーベラスカイザー…テンション高く。マイナス4キロですが、体型的にまだ絞れそう。

3-3 コティリオン…雰囲気はマズマズ。標準的な馬体で突出した強み無く。

4-4 ギリギリヒーロー…コンパクトな馬体も後肢の力強さはそれなりに。腰がしっかりしたらもう少しやれそうな印象△

5-5 タナトス…ダート芝兼用も特に。。

5-6 トーセンラー…マイナス10キロも細め感無く仕上げてきたという印象。標準的な馬体でクラシックでは?相対評価で一応△

6-7 リキサンマックス…今回からブリンカー着用。状態マズマズ。馬体バランスよく素材は確かも、まだトモに弱さ残る。平坦なら△

6-8 セトノシャンクス…特に。。

7-9 ウインバリアシオン…手足胴長。トモに力強さは感じずまだ身詰まり良くない印象。尾短め。トーセンラーと同じく相手関係から△

7-10 オルフェーヴル…テンション高めは兄弟だからしょうがない。柔らかくトモから飛節にかけての力強さはさすが。条件向かないので圏内なら○

8-11 カーマイン…雰囲気普通。繋ぎや捌きに硬さ見られダート向きかと。

8-12 メイショウナルト…休み明けも太目感無く。写真の通り飛節の折深く背も長め。競馬に注文がつく印象。

 

本命◎無しということで、たぶんリアルタイムで見てても見送りレースだったと思いますw

 

勝ったのはトーセンラー。勝った事実は認めますが、能力で上回ったというより、展開の助けや相手のヘグリで先頭でゴールを駆け抜けたという印象。能力を出し切れる状態で、小柄な馬体ながらトビ大きくでそれなりに上がりの速い脚を繰り出せる馬だからというのがこのレースを勝てた理由。もちろん、デムーロ騎手の好騎乗も。

 

2着のリキサンマックスは重賞未勝利の柴原騎手があわやという結果。時計として勝ったトーセンラーとは上がり3Fの脚が約2秒違い、前半オーバーペース気味に逃げたのが影響したのか最後は完全に脚が上がっていましたが、直線向いたときのアドバンテージがあって最後抜かれたのがトーセンラーだけだった、という感じでしょうか。ブリンカーを装着しているように気難しさがあって首高く走りに無駄もあるタイプですので、安定した成績を求めるのは難しい所ですが、素質は良いと思うので成長し自分の能力をしっかり出せるようになれば愉しみな1頭だと思います。

 

3着のオルフェーヴル。レース後の池添騎手のコメントが『道中はハミをかんで行きたがった。(途中から)行きたいのはやまやまだっただけど、それだと次につながらないから』というもので、レースを見てもそんな感じ。本来ならゲートを出して行って番手で折り合いを覚えさせるのが競馬としては良いのでしょうが(後ろからだと前にいる馬より速い脚を使わないと勝てないのが競馬なので)現状は、後ろからの競馬で折り合いを教え込んでます!という所でしょうか、ただ、このコメントは池添騎手の力量不足の裏返しとも捉えられると思います。詳しくは述べませんが。

 

1番人気のウインバリアシオンはオルフェーヴルから1馬身差以上離された4着。こちらは道中折り合いを欠いて無駄な力を消費してましたね。福永騎手は下手な騎手ではないと思うのですが、手首をがっちり固めて手綱を引っ張り折り合いをつけようとするのは、日本人騎手が良くやる下手な折り合いの付け方だと見ています。このレースには出走していませんが、ラトルスネークの全てのレースを見て頂くのが一番分かり易いですかね。藤田騎手も決して下手な騎手ではありませんが、外国人騎手の折り合いの上手さが良く分かるかと。

 

前年のリーディングを獲得しこれから騎手として円熟を迎えようとしている福永騎手。日本競馬界を背負う存在になるために、あともう少し、頑張って貰いたい。一介の競馬開催国のリーディング騎手で終らないで欲しいですね。

広告

きさらぎ賞回顧」への5件のフィードバック

  1. そうなんですよねー。
    ウイバリ、トモがペラいままで・・・見やすい野路菊パドック映像がなく、ちゃんと確認した訳ではないのですが、あの時が一番身入ってたんじゃね?と思っています。

    直線半ばで、「うおー!リキサン×ナルト、なんで買ってないんだ!両方、週中に薀蓄コイただろ!」と嫁に言った途端・・・
    ナルトが轟沈していったレースでありましたw
    いいキャラしてるわー、ナルト・・・(南無

    • >エノさん

      ナルトは逃げ馬を捉えるだけという美味しいポジションにいたのに、それを捉えらなれない所を見ると、やっぱりキャラ馬ですねー(爆)
      いつか爆走しそうなんですが、、微妙に人気するんで深追いしすぎると出ていった分が戻ってこなそうな。。

      ウイバリって意外と強くないんじゃないんですかね?(爆)
      フォトパも一見良く見えますが、要所要所みると欠点も多く抱えてるように思えました^^;今年の3歳は難しいですね。

  2. はじめまして、keibaPaddockことYU-CHIです。
    ブログが更新されていたので楽しみに読みにきたら、私のパドック映像で回顧されていたのでうれしくて勢いでコメントさせていただきました。

    アメブロの時に読者登録させてもらっていたので以前からブログ拝見させてもらっていました。 

    でゅらんさんやその他馬体派の方の予想スタイルに憧れて
    パドック録画初めたので、パドック見ながらの回顧はとても
    ためになりますのでありがたいです。

    東京開催になると現地へ行ってしまうので1チャンネルしか録画できず
    全Rアップは難しいですができる限りこれからもアップしますので
    どんどん動画使って下さい。(自慢できるほどの画質ではありませんが。。。)

    長々すみませんでした。これからもブログ楽しみにしてます。

      • >YU-CHIさん

        アメブロから見て下さっていたそうで…読者登録もほったらかしで気が付かずにすいませんでした^^;

        最近なぜがグリチャが映らなくなり(笑)一周しか映らないBSだったり、そもそもパドックをやらない某フジテレビの番組だったりしか見れてないので、競馬場に行かないと殆どパドックの確認が出来ない状況なんですよね。。なので、パドック録画は本当に助かってます!3歳戦を見るのに関西のパドックは欠かせない情報ですからね~。

        こちらこそ今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中