フィリーズレビュー 予想

フィリーズレビューは若愉にて対談を行っていますので興味ある方はそちらもご覧下さい。

【ワイ談】 フィリーズレビュー展望 (りゅう&childsview&でぃらん)

 

展望の方でも述べてますが、阪神1400mという条件に加えフィリーズレビューは余計にダート馬っぽい馬が連に絡むことが多いです。桜花賞へ向けてのステップレースですが、もはやファルコンステークスと同じ短距離レースである、という認識を持って考察に入った方が良さそうです。

本命はスピードリッパーにします。

今年の牝馬路線はレーヴディソールが断然なのは言うまでもありません。しかし2番手以下はクラシック路線という意味で見れば混戦で、ホエールキャプチャ、ダンスファンタジア、彼女らと未対決のマルセリーナ辺りが桜花賞とオークスで同じような勢力を形成できるかと言われればそうでもなく、自分の好走(適性)範囲でしっかり走る、という印象を受けます。スピードリッパーは阪神JFでレーヴディソールから0.3秒差だったライステラスと0.2秒差、ダンスファンタジアには完敗でしたがフェアリーSでは0.4秒差と好走。非ヨワなタイプですが、これまで3着以内を外したことのない頑張り屋さんで関心させられます。競走馬に必要とされる闘争心を内に秘めているから大負けしないのでしょうね。馬体が成長して型に嵌ってきたら2番手評価の馬たちと肩を並べられる所まで行ける素質を持ってると思います。

以下は短距離&阪神芝1400Mに特化したタイプをチョイス。

アイアムアクトレスは上記で名を出したマルセリーナに新馬戦で0.2秒差。全姉のアイアムカミノマゴ同様の馬体なら、アグネスタキオン産駒の牝馬らしからぬ大柄の骨太体型の馬だと想像がつきます。だからダートで走るのでしょうね。そういうタイプが阪神1400Mは走るので。

今年の牝馬で快速タイプといえばフォーエバーマークでしょうか。ファルブラヴ産駒らしい中途半端な体付きで、血統論者の間では「1400Mのファルブラヴ」という格言があるそうですが、1200Mでは忙しいがマイルだと瞬発力が足りない、ファルブラヴ産駒にはそういう馬が多いからこの距離を得意とする馬が多いのだと思います。ただ、この馬に関してはちょっと阪神急坂が微妙と考えているので、強かったらしょうがない、という印。

ライステラスの名を持ち出した所でニシノステディーを忘れてはならないのと、ダートで連勝してきたカフェヒミコ、この2頭を△評価にしてまとめておきます。

 

◎スピードリッパー

○アイアムアクトレス

▲フォーエバーマーク

△ニシノステディー

△カフェヒミコ

パドック見れないのでスピードリッパーの単勝だけ買っておきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中