高松宮記念 PHOTOパドック

若駒戦2重賞(スプリングSと毎日杯)のフォトパを見るの愉しみにしていたのですが、そうか、G1だからそっちメインですよね。。

なので簡単に。

 

リフトザウイングスは相変わらず良い馬体(状態云々は別)で、グランプリボスはサクラバクシンオー産駒にしては肢長で1200Mに特化したタイプではなさそうに見えて、ショウナンパルフェはまだまだ緩くて、リベルタスはルーラーシップに似ていてディープインパクト産駒らしく無く、たぶんディープ産はこういう方向に出ないとダメなんだろうなぁと思ったり、ルルーシュは瞬発力は相当も、良い脚が長く続かないタイプで相当な器の大きさを感じずにはいられないことは無いかな、という所です。

 

■高松宮記念

エーシンフォワード

 

 

 

 

 

 

 

 

短距離馬の造りながら胴伸びあって肩も深め。距離適性は1200M~1600Mと広いはず…と昨年の高松宮記念の時に書いたらその半年後にマイルCS勝ったんですよねぇ。。今回は休み明けながら既に馬体が出来ており、レース勘さえ戻っていれば好走もありそう。

ジョーカプチーノ

 

 

 

 

 

 

 

 

出遅れの原因、というか飛節の折がやや深く基本的にスタートが速い馬では無いように見えます。エーシンフォワード同様1200Mに特化したタイプという印象は受けずマイルでも好走する下地はあるように見えますが、1200Mだと他にテン速い馬が多い分、無理にハナに立とうとすると無駄脚を使って最後失速する可能性がありますね。

ダッシャーゴーゴー

 

 

 

 

 

 

 

 

昨秋のスプリンターズSからしっかり成長を遂げましたね。胸前や上腕など前躯に凄まじい筋肉量を纏い完全なるFR型。ただ、写真では腹回りに余裕が見られトモもパンとしてないので、パドックで仕上がってるか確認する必要はありそう。

 

ビービーガルダンは元々ですがキンシャサノキセキもウインナー化(謎)してるような…

(※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより)

広告

高松宮記念 PHOTOパドック」への2件のフィードバック

  1. うむむ・・・エイシンフォワード、よう見えるやないかーい!

    はぁ、マイルCSの悪夢再びか?
    元々、評価してた馬だけにダシャゴとの選択は非常に厳しいっす。

    では、また追いきり評価で会いましょうw

    • >でぃらん

      エーシンフォワード、悩ましいですね。。
      個人的には1200Mだと微妙に短い…と思って頭では…という方向に持って行きたかったのですが、追い切りも動いてるし、よほどパドックで醜くくなければ…という感じです^^;

      とりあえずジョーカプは来たらゴメンナサイという感じで嫌えそうなんで、後はオッズとの兼ね合いです。

      では、また追いきり評価で会いましょうw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中