スプリングSとフラワーCの予想的な何か

■スプリングS

リベルタス、ベルシャザール、リフトザウイングス、グランプリボスなど今年の3歳牡馬の一線級が揃った感じで愉しみに追い切りを見ていたんですが、全くデキていません。。災害の影響でローテが変更になった影響なのでしょうか。。もちろん前哨戦なのでここで作ってくる必要は無いのですが、基本姿勢から崩れている馬が多くて、今年の混戦模様を象徴しているような追い切りでした。そう言った馬たちが不調なりにどこまで格好つけてくるのか、それ如何で今後の評価方針をある程度決められる、つまり、不調でも能力で来れるなら本番でも、とこのレースを回顧した時に思っておくのか、いくら不調でもさすがに負けすぎだよな…と思っておくのか、そんなレースになりそうな気がします。

注目はオルフェーヴル。重賞で好勝負してるのに上記で述べた一線級に敢えて入れなかったのはわざとです。

この馬は兄ドリームジャーニーをスケールダウンさせたようなマイラーですが、今回は弱点だったモタれる癖が解消されているように感じました。ピッチ走法で直線長いコースは基本的に向かないと思いますが、阪神外回りで求められる一瞬の速い脚は使える馬ですし、今回は相手が不調という点で相対的に。

ショウナンパルフェは年明けに一頓挫あってスプリングSを目標に乗り込んでいたはずなのですが、この馬も仕上がりはマトもに見えました。兄同様首高い走りなのが気になりますが、四肢をスパスパと動かして確り走れていたので状態は戻っていると判断します。まだまだ緩い馬ですが能力はそれなりだと思うので、最内枠でESP発動して大外ブン回し…とかしなければ。

あとは同じような適性が求められる条件で良い脚を使って伸びてきたダブルオーセブンとサトノオー。

ダブルオーセブンは成績からもうバレてますが、ダートより芝でという馬体。前走は3角~4角に掛けて置かれ最後方まで下がり、そこから最速の脚を使って0.3秒差。サトノオーもそれに近い競馬でしたね。サトノオーはそもそも馬体的観点で一線級から大分劣る印象なのですが、追い切りまずまず動いてますし、柔らかさを強調できるディープインパクト産駒なので。

 

■フラワーカップ

えぇっと…。動いてる馬がいません。。こちらはフォトパが無いのと、現場で見たことある馬がほとんどいないので追い切りで動いてる馬をピックアップするしかないのですが、致命的ですね。。

追い切りでよく見えたのは、ヤマノラヴです(笑)短距離馬なので状態でどこまで頑張るか。

人気になりそうなハブルバブルは、緒戦のパフォーマンスは素晴らしいですが左の飛節がグニャグニャしてるのが結構致命的な欠点では?と思ってるので、そこが改善されない限りオープンでは厳しいという印象です。

あと人気になりそうな馬はどの馬でしょうか?

最内の良血馬アフロディーテは走りが硬く人気するなら嫌った方が良さそうです。重賞馬のマイネイサベルは右回りだとパフォーマンス落しますし、このレースはパドックと返し見ないと馬券には出来ないかな、という印象です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中