ペルーサという名のB級ホラー

日経賞&大阪杯フォトパドック

…と思いましたが、既に出ている馬ばかり。今回は先を見据えた仕上げの馬が多いので、ペルーサのお話でも。

 

有馬記念以来約3カ月ぶりに姿を現すペルーサ。

青葉賞を圧勝して臨んだダービーを出遅れて以来、毎日杯、天皇賞秋、ジャパンカップと全てのレースで出遅れ。ゲートが下手なのでは?という疑念を抱かせました。しかしながらそれでも最後は追いこんで来る競馬に、多くの人が「ゲートさえマトモに出れば能力は一流」というコンセンサスで、3歳馬、クラシック無冠でG1馬でないのにもかかわらず、暮れの大一番有馬記念では3番人気と推されていました。

ゲートが嫌いでもないのにゲート入りを嫌がる。これで多くのファンは思ったでしょう『また出遅れる…』と。

ところがなんと、ゲートを開くと出遅れたのはドリームジャーニーとエイシンフラッシュ。うん?いつもの出遅れポジションに青色の勝負服が見当たりません。なんとペルーサがゲートをしっかり出ているではありませんか!この時起こった場内のどよめきは、ドリームジャーニーとエイシンフラッシュに対するものではなく、その多くがペルーサがちゃんとゲートを出たことによるものでしょう。出遅れると見せかけて出遅れない、この時ペルーサは有馬記念の主演俳優へと躍り出たのです。

そして勝負所の4コーナー。出遅れず好意にポジションを取っていたペルーサは鞍上のゴーサインに合図し…ません。

鞍上が懸命に手を動かしているのにもかかわらず、ハミをとらずに首を上げている。競馬用語で言うと「ソラを使っている」状態。最後の脚が素晴らしく、ゲートさえ出ればと言われていたペルーサ。今日はゲートを出て好意を進んでいたのに、なんと今度はソラを使って遊び遊びの直線、という競馬ではありませんか!

ペルーサは何を考えているのか。。まさか先行したことで最後爆発できる脚が無かった、ということではないでしょう。ペルーサは他の馬を抜こうとせず、しかし大負けもしないように直線手を抜いて走っているのです。

ゲートで遅れて後方からの時はゴール前で目立つように最後しっかり脚を伸ばす。ゲートを出たら出たで勝たないように直線は手を抜く…。

もしかしたら、まだまだ自分の体が緩いことを分かっていて本気で走っていないのではないか。人間を欺くようなズル賢さを持ってると陣営に言わせるだけに、自分でレースを調整して走ってるなら、これほど怖い馬はいません。

何を仕出かすか分からない馬ペルーサ。まだまだ馬体は緩く(藤澤さんの馬なんで前哨戦で仕上げてきていないというもありますが)トゥザグローリーやローズキングダムなど同世代のライバル達から成長面で一歩劣った状態ですが、素質は既にG1を勝っていてもおかしくない馬です。

そんな馬がいつ本気で走ってくるのか、マトモに走りさえすれば、という条件評価はいつ終るのか、ペルーサには恐怖を覚えます。

広告

ペルーサという名のB級ホラー」への6件のフィードバック

  1. ペルーサには第3段階クラスの恋の病に陥ってしまい、ダービーから有馬までで単勝馬券だけでも12諭吉は溶かしてますww今回は秋天ほどではないものの、毎日王冠以上有馬くらいまでは仕上がっていると思うので懲りずに耽勝馬券買いますぞ(´∀`)ノでぃらんさんはEフラッシュですか?あ、競走馬のハミを取っているときとそうではないときって、どう観れば判断できるのですか?サパーリわからんとです(ーー;)

    • >ぐいっぽさん

      ぐいっぽさんの諭吉を12枚も溶かしてしまうなんて、ペルーサは悪い仔ですねぇ。でもそこまで買われ続けてると言う事は、もはや金銭的バックを期待してのものでないはず。エイシンフラッシュとペルーサ、これからどっちが多く先頭でゴールを駆け抜けるシーンを見られるか勝負ですね!

      ハミを取ってるかどうかは、推測です(爆)
      最後の直線(3分57秒あたりから)でペルーサは頭高い馬で無いのに頭上げてますし、何かフワフワした走りに見えたので、ハミしっかり取らず遊びながら走ってるのかなぁと。あくまで個人的な見立てですが^^;

  2. 私、犯人分かっちゃいました!と某ケイゾク(古)を思い起こしたのは、たぶんゲート練習ばかりさせられていたからなのだと思います。「ふふん、ゲートさえ出ればみんな満足するんだ」と思ったかどうかは分かりませんが、ゲート練習して本番でしっかりゲート出て歓声があがれば、そこで演技は終わったものと勘違いしてもおかしくないのかなと、ふと思ってみました(笑)

    直線でソラを使っていたところまでは見ておらず、今回の記事で気付かせて頂いたのですが、ペルーサにとってひょっとしたら藤沢さんは優しすぎるのかもしれないですね。小さい時に母親から「戸塚ヨットスクールに入れるぞ!」と脅されたように、「マツクニ厩舎に入れるぞ!」と脅せば・・・これは冗談ですm()m

    この記事読むと、ペルーサが愛おしくなってきますね(笑)

    • >チャイさん

      もう有馬記念でしっかりゲート出てから、個人的には完全に愛おしいキャラですよw
      青葉賞の時にノリ騎手が「この馬はいつ気を抜くか分からない。見た目圧勝だが気を付けて乗らなければならない」という類のコメントを残していたのを思い出したんですよね。
      そんな中、ダービーという大舞台で一気に緊張を解き放ち、例のアレをやらかし味をしめたのと、それ以降はいつもニヤついてる優しそうなおじさん(アンカツ騎手)が鞍上なので、ペルーサは安心してるのだと思います!「このオサーンなら厳しくないから大丈夫だ」とw

      ペルーサがちゃんと競馬をしない理由。こんなことまで考えさせる馬がいままで居たでしょうか?昔「新聞が読める馬」とかいたそうですが、当時を知らないので、ペルーサには色々と愉しませてもらってます(笑)

  3. もうタイトルの時点で私の心は擽られました。
    「B級ホラー」(笑)
    さぁ久々にデビュー戦から知ってるおじさんに再会のペルーサ君は
    どんな恐怖を我々に味わせてくれるのでしょう?

    色々な意味で期待しております。

    • >ばんとさん

      大阪杯はデビューから知ってる厳しい方(かどうかは分かりませんがw)のおじさんなんですか!じゃあ真面目に競馬するかもしれませんね~(笑)

      いずれにせよ、今年どんな競馬を見せてくれるのか、非常に愉しみな一頭です!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中