オークス 回顧

大外枠から淀みないペースで逃げた人気薄のピュアブリーゼがあわやというゴール前。しかし、そのピュアブリーゼを捉えたのは人気の差し馬では無く人気薄のエリンコートだった。

1番人気のマルセリーナは4着。前走もスタートしてから少し掛かっていたが、それが安藤騎手の頭にあったのか、ふわっと出して前に壁を作る様に乗った結果位置取りが後ろの方になった。これが、雨が降り始めてグリップ力が求められる馬場に脚を取られ、馬が完全に能力を出し切れず最後詰めても前に馬がいたという状況を作り出してしまった。しかし個人的には、まだまだ先があるマルセリーナをただの速いマイラーにせず、我慢を覚えさせることで「レースを覚えさせる」安藤騎手らしい騎乗だったなぁと。近年はそうした成果が出始めた頃すぐに外国人騎手などへの乗り替わりがあるので、「外国人騎手なら先行させられるじゃん」と、それまでの努力を一切評価されない(まぁ単純に外国人騎手が上手すぎるから折り合って先行できるのかもしれませんが(笑))風潮があるのが淋しかったり。岡部幸雄元騎手がマグナーテンを育てながら乗っていたのが遠い昔のような。

2番人気のホエールキャプチャは、ゲートが開くと同時に立ちあがってしまい出遅れてしまうロスが響き3着。マルセリーナと比較してパワーに比重のある馬ではありますが、桜花賞と着が変わったのは、直線外を回したマルセリーナに対し内からそのまま馬群を割ってきた池添騎手の前走の過ちは犯さないという、人気を譲ったことで胸を借りる騎乗だったのかなと。

2着のピュアブリーゼは柴田ヨシトミ騎手らしい自然体の騎乗。良いも悪いも“無害”な騎乗をするので、逃げ馬に乗らせたら時としてその馬の、レースに対して無理のないペースを作りだし馬を残らせることがある。もちろん、中距離を主体に使われてきた馬なので、スタミナという意味でこのメンバーの中では一歩抜きんでていたのかもしれないが。

勝ったエリンコートはデュランダル産駒として父に初G1の栄冠を届ける勝利となった。デュランダル産駒だから2400Mは持たない、というのがこの程度の支持率で落ち着いて所なのだろうが、フットワークを見ると短距離馬らしいピッチ走法ではなくストライドの幅がある走りをするので、内枠から好位置をキープし回ってくれば嵌るかもしれないという思いはあった。あったが、レースが終って「あっ」となるのは、潜在的に頭のどこか意識しない所にやはり「デュランダル」というレッテルが残っていたのだろう。それは例えばエリンコートの馬券を買い、負けた時の言い訳として予め用意している都合の良い解釈として、なのかもしれない。ホエールキャプチャの馬券を買い、もし負けてしまった時にクロフネ産駒だから…という言い訳を使ってしまうように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中