ローズS予想 その他

・阪神11R ローズS

若駒戦を見るようになって一番愉しいと思うのが成長を追える所ですね。
今年で言う所のオルフェーヴル、過去ではディープスカイやメイショウサムソンなど、馬は3歳春にガクゥンと成長するようでそれを彼らは成績で示してくれました。「オルフェーヴルはドリームジャーニーの下でしょ?」「ディープスカイ?未勝利脱出するのに6戦も要する馬が?」「非サンデーが?」と過去イメージで引っ張ると現在の姿が見えない。彼らを個体として見、過去のそれよりどれだけの成長を見せたのか。そして素直に受け入れるかどうかでしょう。ほら、同窓会で何年何十年振りに逢った当時全く印象に無かった女の子がすげー可愛くなってたりすることってあるじゃないですか、それと同じようなモンです。

さて、無駄使いせず素材が削られていなければ、成長曲線に合わせ秋に頭角を現す馬もいます。
エリンコートは桜花賞を観に阪神競馬場へ行った時に現場で見ているのですが、どうも当時の印象が無くオークスに出走してきた時も「うーん」という感じでレースが終わった後はポワーンでした。オークスに関しては特殊馬場だったと言うのもあると思いますが、後にG1を勝つような馬を見逃すのは馬を見て競馬やってる者としてどうなのよ?という話ですよね。。そんなエリンコートは秋を迎え更に充実。デュランダル産駒はどうしても父のイメージが強くほとんどの馬が短距離を使われていますが、いわゆる「THE・短距離馬」という造りでは無かった馬なので、配合によっては距離を伸ばして良くなる馬が居てもおかしくはありません。立ち写真を見ると春に比べ胴が伸び腰回りも確りしてきてるので、これは厩舎が上手く育てた証拠。どのような競馬を見せるのか注目してみたいと思います。

マルセリーナはオークスの騎乗一発アウトで騎手が乗り替わり。それで福永騎手に回ってくるのですから、勢いは凄いですよね。しかしながら今回は太目残りで陣営も「本番に向けてまずは馬の感覚を掴んで欲しい」とコメントしてるようにここは勝ちに来ないでしょう。能力は一線級なので無下には扱えませんが。

ホエールキャプチャはこの世代でずっと上位を張ってきた馬。馬体を観て何か強みを感じるかと聞かれたら正直何も感じない馬ではあるですが、四肢の捌きが強く纏まりの良さを維持できるのがこの馬の良い所だと思います。ただ、クロフネ産駒は徐々に筋肉が硬くなって芝の上級戦では性能限界を示して行く馬が多いんですよね。栗東坂路でバシバシ鍛練された回転力がこの馬の強みではあるのですが、柔らかく走らせる調教を積んで行って欲しかったなぁという感じもします。

トライアルという意味でそれらしい馬を探すならリヴァーレとハッピーグラスかなぁという気がするのですが、どちらも追い切り映像だけで実際の馬は見たことは無いのでパドックで。

◎エリンコート
○マルセリーナ
▲ホエールキャプチャ
△リヴァーレ
△ハッピーグラス

馬券買うとしたら◎単勝or◎-△どちらか良い方のワイド1点ですかね。


・中山2R 未勝利戦

◎マイネルアトラクト

馬っぷり良く新馬戦の時に注目馬に取り上げた気がしますが、大型馬らしくまだ走れる体勢が整って無かったですね。あれから約3カ月、新馬戦よりはマトモな馬体になってるのを期待します。…新馬戦で1秒近く負けてるのに微妙に人気なんですねぇ。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中