スプリンターズS 予想

ついにヤツがやってきました。





何が逃げるのかは分からないですがテンのスピードの違いでロケットマンがハナに立ってしまうかもしれません。そうしたらそのまま押し切るでしょうか。日本総大将として4角手前から仕掛けざるを得ないダッシャーゴーゴーがそれに届くかどうか。セントウルSは外から捲る様に仕掛け坂上で失速。休み明け59キロを考慮すれば見直す手はあるのでしょうが、G1級のスプリンターだったらあそこでもう少し際どい勝負だったはず。あっ、今成績見直したら58キロでしたね。

ラッキーナインがナンボの馬か分からんのですが、フォトパドックを観ると成績通りマイル寄りの馬なのかなと思います。前走テンが遅くて追走間にあった感もありここは消しましょう。ただ、ロケットマンに追いつけない馬達がバテて坂上で失速するパターンだと、相対的に来るかもしれません。

そういう意味で1200Mだとテンに置かれ展開の利でいつも差してくるサンカルロは、日本馬の中で唯一ロケットマンに勝てるチャンスのある馬だと思います。まぁみんなそれは分かってるので微妙に人気しそうですが。

サマースプリントシリーズを使ってきた馬の成績がイマイチなのは、使い詰めで最後のここでは出涸らし状態になっているというのが主な理由として取り上げられますが、そもそも平坦向きな馬がサマースプリントを使われてるというのも。最後の坂でひと踏ん張りできる馬体構造が重視されるってのが高松宮記念との違いでしょうかね。

◎ロケットマン
▲サンカルロ
△トウカイミステリ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中