秋華賞 PHOTOパドック

過去の秋華賞リプレイを見てたんですが、京都内2000Mは器用に立ち回れる先行馬だけ買ってれば良いんじゃないの?という感じですね。そんなんかんけーねー!と展開関係無く差してこれるのは牡馬G1でも勝ち負け出来るようなスケールある馬だけ。特に今開催の京都は異常に時計が早く前先行有利が顕著なので、展開順にワイドBOXでも買っておけば当たるんじゃないすかねーw

・秋華賞フォトパドック

アヴェンチュラ
頭が高いのはいつものことでこの馬は節々や芯の強さで走るタイプ。今回は馬体がガレ気味なんが気になりますね。

エリンコート
ローズSの時も褒めましたが背が伸びて馬体は良いです。ただ前走前蹄にエクイを塗ってたそうで、もしかしたら蹄に不安が出てるのかもしれません。要追い切りチェック(これ書いてるの水曜なんでまだ映像ナシ)→アウチ!

カルマート
初めて聞いた名前だなーと思ったら紫苑Sの勝ち馬なんですね。フォトパのコメントにあるようにまだもう一段階成長出来る体で芝の中距離向き。トモ脚に厚みメリハリが出てくると重賞でも活躍できそうな印象です。

キョウワジャンヌ
短距離馬には見えません(とは言え2000Mの馬でも無い)がやたら1200とか走ってたよなーと思って厩舎見ると納得。四肢ほっそいですね。軽さでキレを活かすタイプでしょうか。

スピードリッパー
小柄で纏まりのある馬体。ファルブラヴ産駒らしく柔らかさに欠けるところがあるのでキレが求められる馬場には合わなそうですが。

デルマドゥルガー
桜花賞でなぜか注目してたのですが、細くてフニャフニャしてたのを覚えています。今回立ち写真は初めて見ますがリンカーンらしく柔らかさに特化した体付き。おそらく春はまだ体が出来あがっていなかったんでしょうね。そこから一回り成長して来ている印象です。

ピュアブリーゼ
細身で小柄。特にインパクトある馬体ではありませんが、腰が確りしていて纏まりの良さで走るタイプでしょう。終いの脚が淡白なので今の馬場では…。

ホエールキャプチャ
クロフネ産駒ですが、軽さあって背腰が確りしてる箱型マイラー。馬体から特に強みは感じないんですが、脚元も良くなってるみたいですしクラシック取った馬がグダグダしてるので、真面目に走り続けてるこの馬に番が回って来たかという所ですかね。

マイネイサベル
脾腹が薄く後肢が長く見える体型。輸送減りしやすいと思うので滞在競馬はプラスでしょう。軽い馬場の中距離は合うと思うので位置取りですかね。

マルセリーナ
ディープインパクト産駒にしては元々ふっくらと見せる仔でしたが、今回は筋肉に張りが無く明らかな太目。桜花賞馬という評価を軸にすれば能力はあるんですが、追い切りを見ても春の状態に無いと思うんですよね。

うーん、個人的には最後の一冠をホエールキャプチャが取れるのか取れないのかという所くらいしか興味が(汗)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中