マイルCS PHOTOパドック

今週も2頭外国馬おるやーん。
サプレザはこれで3年連続(昨年4着、一昨年3着)、イモータルヴァースは知らぬ。

EISHIN APOLLON
ジャイアンツコーズウェイらしくゴツゴツしたマイラー。繋ぎ短く立ち気味でいかにも重馬場合いそうな造り。水平尻でキレも無くジリジリと脚を伸ばす感じで京都微妙じゃないすかね。雨降れば別ですけど。

A SHIN FORWORD
昨年の勝ち馬。岩田騎手らしいイン強襲騎乗でしたが馬体はG1を勝って不思議ではない素材の持ち主。腰に甘さはありますが、筋肉に柔らかみあってハコ型なのでマイルでも対応できる短距離馬。コメントにもあるように身入り良く調子は良さそうですね。

GRAND PRIX BOSS
バクシンオー産駒ですが明らかな腰高体型ではなく後脚や胴がある程度長いんですよね。走りはピッチ寄りですけどその分距離が担保出来ているんだと思います。3歳マイル王者の復活があってもおかしくは無いのでは。

SILPORT
ずんぐりした体型なので太目残りでは無いはずです。形としてはマイラー。繋ぎが短く小気味良い走りはするんですが、骨太で重いので瞬発力が無く毎日王冠のようにスローに落し過ぎるとキレ負ける、という馬。だからといって天皇賞のようなペースで飛ばすのもどうかと思いますが…。

SMILE JACK
写真が斜め!

DANON YOYO
見た目はカッコイイのですが、脚長の割に胴詰ってて頭高くアホみたいな走りするので、何と言うか気性やらで素材が殺されてるなぁ、という馬。

FIFUTH PETAL
分かりやすいキングカメハメハ産駒。箱型で筋肉がグニュっとつまったマイラー。G1級かと聞かれたらうーん、という感じではありますが調子は維持してそうです。

MARCELLINA
ディープインパクト産の牝馬にしては筋肉量あって確りしてる馬。ただ、写真の写りが悪いにしても毛がボーボーで、ぬいぐるみみたいな馬体になっていそうなのですが…。

REAL IMPACT
ディープインパクト産駒にしてはガサあって良い馬なんですが、3歳春頃まではまだバランスが整って無かったんですよね。それが夏を越して背が伸びたのか腰高が解消されマイラーとしてキチっと整って来ました。このまま脚部不安とか発症しなければしばらくマイル路線はこの馬が主役で良いんじゃないですかね。

RIDILL
アグネスタキオン産駒のスピード型。腰高で背中短く瞬発力ありそうで軽い芝の時計勝負向き。たーだ右前にデカイ骨瘤あるんですよね。いつからあるのかは知りませんが、ブックWEB版フォトパで分かるくらい大きいやつ持ってる馬はG1で走れるんでしょうか(まだ研究中です)


こう見ると、昨年マイル王者に今年の3歳牡牝マイルG1勝利馬、そして3歳馬にしての安田記念優勝馬などなど空虚だったマイルG1で久々にメンバーが揃った感じですね。イモータルヴァース、知らんぷりしようと思ってたけど、2走前ゴールディコーヴァに勝ってるんか…。(サプレザは3着)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中