ジャパンカップダート予想 その他

阪神11R ジャパンカップダート

2強を素直に受け入れるか否かですが…この2頭にすんなり勝てそうな馬は今の日本にはスマートファルコンしかいません。。なのでここはどっちも信用してみましょう。
南部杯でやや落ち目を見せたエスポワールシチーも、次走みやこSで完勝。上がり馬だったトウショウフリークやニホンピロの逆転は相当難しいでしょう。馬体や追い切りを見てもみやこS以上の何かを感じないので…。ワンダーアキュートは阪神変わりは歓迎なんですが、筋肉がキツく付きすぎていてスピードが求められるこの距離条件は微妙です。
トランセンドは細江さんがトレセンTIMEで「キリンさんのような馬」と言っていて、この馬に対する分かりやすい表現。上手い事例えるなぁと思ったのですが、その通り首胴背脚が全て長く、かつ薄いという一見強いダート馬には見えない造り。その分スタミナ消費が少なく効率的に一定のリズムで機械のように脚を動かし続けることの出来る珍しいタイプの馬です。南部杯で初めてこの馬を見ましたが、昨年程悪い印象を受けなかったので成長上積みもあるでしょう。


▲ソリタリーキング
○トランセンド
○エスポワールシチー
△バーディバーディ
△テスタマッタ


それでもスタートがあまり早く無い馬の大外枠はなぁ…しかも今回内に何頭か早い馬いるしなぁ…ということで内枠の上がり馬ソリタリーキングに期待してみます。ヴァーミリアンの下ですが中々条件戦を勝ち抜けませんでした。それが休みを挟んだこの秋一気の連勝。前走の内容も良くこのままデキ維持出来ればダート重賞を制する所まで来ていると思います。「まだエスポ、トランセンドと勝負がついていない」組を評価するならこの馬ではないでしょうかね。あとは3着の男ことバーディバーディ、展開向けばテスタマッタ。


中山11R ターコイズS

◎クーデグレイス

2走前に負けた相手はオープンを勝っているダイワファルコン。前走はスローのキレ負けで体型的に負けてもしょうがない一戦でした。昇級戦ですがオープンの実績はあり昇級戦という形の分ハンデは据え置き。今の馬場でこの枠はこの馬にとって願ってもない条件のはず。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中