有馬記念 予想


3冠馬オルフェーヴルがそのまま古馬相手でも駆け抜けるか、という所。
内枠から。


【ブエナビスタ】

3冠馬のお陰でこのまま行けば2戦連続2番人気。
弱点らしい弱点を見せず最強牝馬もついに引退レースですが、唯一、欠点として見取れるのが小回り競馬に対する適性。手先の返し鋭く瞬発力はあるのですが、飛節の折が深く走りに幅があるのでコーナーでの加減速があまり得意では無い、不器用なタイプ。あと基本的にパワー勝負では分が悪いので急坂コースでも2着が限界。…いや、それでもほぼ着差無しに来てるのですから、もはやそんな適性の話もこの馬にとっては重箱の隅を突く程度でしかありません。歳を重ね年々動かなくなってきた調教で今年一番とも言えるような動きを披露。引退レースで抜群に仕上げられてきたシンボリクリスエスのように今まで使わなかった最後のギアを見せてくれるかもしれません。

【ヒルノダムール】

天皇賞春を勝ったからと言ってスタミナ抜群のステイヤー、という評価では無くこの馬の強みは折り合いとコーナーでの加速力。入れ替わりの展開をじっと内で我慢し無駄脚を使わず追い出されて反応良くスッと伸びることが出来る、それが上手く嵌ったのが天皇賞春だったのではないでしょうか。中山巧者が穴を開けることが多いこのレースで求められるのはコーナー6回の小回り適性勝負のG1がここしかないから。中山重賞こそ制していませんが天皇賞春で見せた資質から(というか馬体から)ヒルノダムールには隠れ中山巧者の適性が見え、フランス帰りで体調さえ戻っていれば。

【エイシンフラッシュ】

このブログではおなじみの個人的応援馬。ただフォトパ記事でも書いているようにダービー後もうひとつ上積みが見られません。体調が万全では無かった3歳秋はともかく、調子が戻って来ていた今年4歳春でももう一皮剥けた所が見られず。そしてそれは4歳秋になっても同じでした。

【オルフェーヴル】

ディープインパクトがハーツクライに負け、シンボリルドルフがカツラギエースに負け、…ナリタブライアンは勝ってる?うーん、データ的に言おうと思ったらいきなり頓挫しました。。単純に机上論ではなく相手関係で見た方が良さそうですね。オルフェーヴルがいなかったら2冠だったウインバリアシオンはジャパンカップで0.5秒差の5着。まぁ力関係ではオルフェーヴルの方が圧倒的に強いので単純比較で古馬に交じってもいきなり勝ち負けしておかしくは無さそうです。では単純能力以外はどうでしょうか。今年は震災の影響により皐月賞が中山で行われたことで、小回り合わないのではという推論がありますが、馬自体はルーラーシップのように大型でアホみたいな大トビで走る様な馬では無く小脚が使える万能型ですので、適性としてのズレはあまり感じません。むしろ心配なのは「位置取り」です。3冠ロードは他馬にマークされる形でも馬の性能が違うので基本的に外を悠々回しても勝てるのですが、今年の有馬記念は強い4歳世代に最強牝馬のブエナビスタ。外国人騎手も揃って人馬ともにハイレベルな一戦となることが予想でき、オルフェーヴルは今までと違う競馬を強いられることでしょう。坂路調教だけで古馬に勝てるスタミナを身につけているのかどうか。

【ジャガーメイル】

中山の適性という意味では強調出来ない馬ですが、デキを評価。ハイペースで飛んでくる形ですね。もちろん1着ではなく嵌ったら3着というのを期待。

【アーネストリー】

鞍上が完全に手の内に入れていて持ち味を活かして乗ってくると思うので、この馬がトンデモ無い大出遅れをかまさない限りミドル~ハイペースでしょう。思わぬ伏兵が逃げようがこの馬が逃げようが4角から進出してどれだけ後続に脚を使わせつつ粘るか、という競馬だと思います。中間の写真や追い切りを見る限り、ややデキに不満が残ったので評価は下げますがグランプリ連覇もおかしくはないでしょう。


◎ヒルノダムール
○ブエナビスタ
▲アーネストリー
△オルフェーヴル
△ジャガーメイル
(応)エイシンフラッシュ


有馬記念は「この馬が1着に来るのが一番嬉しい」という馬を買うのがよろし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中