アメリカJCC PHOTOパドック

京成杯はベストディールが勝ちました。
状態が悪くかなりパワーの要する馬場でしたので、非力な馬は厳しいだろうと言うことで人気していた薄い造りのディープ産駒は掲示板には乗るけど勝ちは無いかなと思ってたのですが。。ベストディール自体は良い馬です。フォトパドックで見立てた通りの馬で、細身ですが柔軟で腰は決まっていました。相対評価ではありますがレース巧者で、2、3着馬より薄手というだけでそれもディープ産駒だから、という片づけで許されるのなら馬体に欠点が少ないのも評価すべき所だったのでしょうかね。とにかく瞬発力とスピードはあるので。
マイネルロブストは既に筋肉が膨らんでおり、掛かりさえしなければ相手なりに走れます。ただ上積みは望めそうにありません。アドマイヤブルーは馬体自体はこの中なら上で仕上がりもまずまず。ただ十分に筋肉は付ききっていない印象だったので更に良くなる余地もあるでしょう。アーデントもベストディールに似た造りのディープ産駒ですが、こちらは腰が甘すぎてまだ立ち回れないようでした。


ゲシュタルト】
マンハッタンカフェ産駒らしく胴長でスラっと見せる体型。馬体に緩みは見られませんが、逆に筋肉にメリハリが見られないのが何とも。

サンテミリオン
牝馬ながら骨量あってしなやかな馬で中距離型。冬毛が咲いているのは仕方無いでしょう。体型的な崩れは無く、この馬の場合走らないのは中身の問題っぽいので。

トーセンレーヴ
中型のディープ産駒でこの父産としては薄型というよりギュっと身が詰まった型。背中が短く瞬発力に富んだ馬ですが、本質的には1600M~1800Mあたりが合うのかなと。

ナカヤマナイト
明らかに欧州遠征後の上積みが大きそうで、昨年のダービーの頃に比べると筋肉がしっかりついてきたようです。前後バランス良く背中は短め。

リッツィースター
特に強み無く、普通の馬っぽいです。

ルーラーシップ
有馬記念後も緩めた所は無さそうで筋肉の輪郭が確り。後脚長く肩が大きいのでトビが無駄に大きく中山内回りだったら微妙でしたが、外回りで今の馬場状況も合いそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中