今週の若駒戦 2/4-2/5

東京9R 春菜賞

◎ダイワカリエンテ
▲シャンボールフィズ
△フライングバルーン

超難解。牝馬限定戦でスロー上がり性能あるシャンボールフィズは前に行ければ。ダイワカリエンテは騎手なのか人気無いですが、前走ハイペースを粘ったようにある程度の力はある馬。距離短縮で前進も。逆にある程度流れたり、軽いタイプが全滅するような状況ならフライングバルーン。


京都10R エルフィンS

◎ラフレーズカフェ
○フレイムコード

こちらも低レベル戦。外回りマイルで良さが出るラフレーズは素直に評価。良化しているフレイムコードは展開次第で。

2/5 東京6R 500万下

◎ジョングルール
○レッドフォルツァ

とりあえず上位4頭の争いでしょうか。
ミヤビアミュレットは足長の大トビで腰が甘過ぎるので府中替わりは良いと思いますが、この頭数で長距離戦なので展開が向かない可能性が高そうです。前走で馬体が萎んでいたのも気になり所。キープビリービングもジリ過ぎ。消去法で。

京都11R きさらぎ賞

◎アルキメデス
○マイネルアトラクト
▲スノードン

パフォーマンスを見たらワールドエースが人気するのは分かるのですが、馬体、レースでの走りそして追い切りなど見ても突出した才能を感じません。まだ緩い所があるので直前に上積みを見せられても不思議では無いと思いますが、前日予想の段階では…。

本命はアルキメデス。間近で見たことはないですがphotoパドックを見る限りこれはいい馬。追い切りを見ても素質感じる走りで先々に繋がるレースで勝ち負けする馬に相応しいと思います。マイネルアトラクトは筋肉量豊富なパワー型で新馬の頃から期待している一頭。その体を持て余している状態で現状は仕上がり途上ですがそれでも前走より上積みを見せています。マイナス点は上がり速いレース質には会わないというのと鞍上ですかね。スノードンはしなやかで上がり質の競馬には対応可。前走は出遅れ最内でやる気無くただ回ってきた競馬。腰が大分甘いので京都替わりはプラスですし既にこの条件実績あるのも○

ヒストリカルとベールドインパクトは素質としてちょっと…という感じ。いくら父産駒の得意条件だからと言って全部纏めて来られたらもう。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中