今週の若駒戦 2/11-2/12

2/11 東京4R 未勝利戦

◎アズマスターフィー

POG本でまずまず良い馬だな~と思って新馬戦から注目している一頭。短距離で頭角を現しましたがさすがに1200Mは短いです。岩田騎手に変わりなぜか30倍(2/10 22:30現在)近くいているのでw

2/11 東京11R クイーンC

◎ハイリリー
◎エクセラントカーヴ
△カフヴァール
△ターフデライト
△ミッドサマーフェア

これは激ムズ。。上位拮抗で適性や展開、馬場状態次第でどうにでもなりそうな印象です。
阪神JF4着のイチオクノホシは確かに良い瞬発力を持った馬ですが、重賞レベルで1600向きに見えないのと外枠から差す競馬は今の馬場でどうでしょうか。とはいえここで素質あったり突出した上積みを見せそうな馬も現時点では想像が付かず。。絞り切れず内枠からある程度目の付けどころがあった馬を並べてみたという印です。


2/12 東京11R 共同通信杯

○スピルバーグ
▲ディープブリランテ
△ブライアンズオーラ

ディープブリランテが馬体素材としては上位なのですが、追い切りが不満残る動き。圧勝した東スポ杯前もあそこまで強さを見せるような印象は当時無かったのですが、今回はそれ以下。重馬場が苦手?それなら東スポ杯をあんな着差で勝たないでしょう。坂(坂路)が苦手?腰は確りしてる方ですし走法的に坂路でも動いて良いタイプです。つまり馬体にどこか痛い所があるのではないか?という見立て。ただクイーンCを勝ったヴィルシーナもそうですが、ディープ産駒は追い切りで確り動かない(時計的な意味では無いです)ので、そのパターンの可能性もあります。。一応、前日予想としては評価を下げます。
印としての最上評価はスピルバーグですが、レースを見るとまだ遊び遊びで真剣にレースしていない感じなので信用はありません。ただ今まで重賞で勝ち負けしてきたディープ産駒と同等の能力素質はあります。ブリランテが来なかった時に勝つ馬はと探すなら評価しておかなければいけない一頭です。
ゴールドシップは暮れの重賞2着の実績ある馬ですが、大味なタイプで馬場が重く時計が掛った方が良い印象。コスモオオゾラの出方次第ですが瞬発力勝負になると厳しそう。エネアドはディープ産駒ですが、さすがに勝ちきるまでの素質は感じません。右回りだと競馬できないブライアンズオーラは府中で一変する可能性があります。ベゴニア賞はごちゃつき前が開かず仕掛け遅れたのが敗因。勝つかと言われたら微妙ですが、連下評価にはしておきたいところ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中