中山記念 PHOTOパドック



エイシンアポロン
血統の通り。重心低く骨太、水平尻でキレる脚は無く繋ぎも短めで馬場が渋った方(時計が掛る)が良いタイプ。本質的にはマイラーで距離は1400~1600M辺りが良さそう。

ダイワファルコン
ゴツゴツした馬体でパーツパーツが無駄にデカく器用さに掛けるパワー型。競馬としては上がりが掛った方が良いタイプ。府中より中山の方が向くのでコースは○

トゥザグローリー
脚長胴長の大型馬で腰の位置が高い。良い脚を長く使うタイプで中山コースは合うのでしょうが、1800Mだと距離が少し短いかもしれません。前半ゆったり走れる距離条件の方が良さそう。

フィフスペトル
キンカメ産駒らしい身の詰ったマイラー体型。馬体に癖が無く腰も確りしてるので立ち回りが上手く中山コース得意。この時期にしては皮膚の張りがとても良く好調そう。

フェデラリスト
エンパイアメーカー産駒の特徴は良く分かりませんが、この馬に関しては母が強く出ている印象。胴長でスラリとした四肢、直飛で良い脚を長く使うタイプ。中山金杯を勝っていますが府中の中長距離が合いそうな印象。右前内に大きめの骨瘤あるのは気になりますが。

リアルインパクト
成長し胴が伸びたとはいえ背が落ちまだ無駄肉が付いている感じ。明らかに広いコース向きの馬で、安田記念に向け逆算して仕上げられているのでしょうね。

レッドデイヴィス
アグネスタキオン産駒ですが、お尻が広く直飛で瞬発力より良い脚を長く使うタイプ。胴が伸びキ甲が抜け成長した姿に。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中