弥生賞 PHOTOパドック

チューリップ賞はいいでしょ。。


アダムスピーク
言うほどスラリとした体型には見えませんが、付くべき筋肉が付いてバランスの良い垢抜けた体付き。手先が細く蹄が小さめなので重馬場はあまり得意そうでなさそう。なかなかの好馬体。

アーデント
同じディープ産駒ですが、こちらはやや筋肉質というか、まだ絞れそうな余地のある体付き。京成杯の時に比べたら大分絞れている印象はありますが。ただ相変わらず背中から腰に掛けて甘さがありここはもっと良くなってもいいかと。

クラレント
首が短く腰高の詰った造り。朝日杯以来ですが、さすがにマイルの馬だと思います。

ジョングルール
ディープ産駒ですが腹ボテで脚長、水平尻と産駒の傾向とは少し違いますが、繋ぎ柔らかで手先の軽さはある馬。アーデント同様まだ体に余裕があり良くなるのはもう少し先でしょうか。

トリップ
脚や肩の造りが大きく筋肉量はありますが、クロフネ産駒らしくそれが逆に芝でどうなっていくかという印象。胸前にガッチリ筋肉が付いており掻き込み型。道悪なら。

フェノーメノ
ステイゴールド産駒ですが、母父が強く出ているのか骨太でガッチリした造り。腰が甘く後肢を振り回すような形になるトビの大きなタイプで、中山より府中、京都の長い距離が合うと思います。

ベストディール
※回避

アダムスピークが良い馬っぽいので、どんな状態で出てくるか楽しみですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中