桜花賞 PHOTOパドック

桜花賞です。


アイムユアーズ
良い意味でファルブラヴらしい馬だなと思います。前が深くて節々確り。身の入りもよくスピード型としてこの中では一番手の評価です。阪神外回りで、という馬には全く見えないんですけど、今年のメンバーならという所もあり。

イチオクノホシ
詰った体型で脚も短め。繋ぎが柔らかく細い造りの分、脚を瞬間的に回す早さはある馬なんですが、非力で体力が無いので長くは続かない。1400Mがベストの馬ではないかと。

エピセアローム
肩が立ち気味で腰高の体型。手先が柔軟で走りが大きい分距離は持つのでしょうが、まあマイルまでですかね。蹄底が浅そうで理想は良馬場。

オメガハートランド
小柄で薄手。ただ筋肉が無いと言うだけで造りはそれなり。デキはずっと維持できていて走る態勢は整っていそうですが、こういった馬だけに直前輸送という点は注意しておきたいところ。

サウンドオブハート
アグネスタキオン産駒らしく確りした造りで、腰付きもよく脚が速い馬。胴は詰り気味で距離もこの辺りだとは思いますが、懐の深さは無いので阪神外回りという印象はあまりありません。

ジェンティルドンナ
ディープ産駒ですが確りした造りでトモ量もまずまず。まだ幼い体付きで完成度が低そうなのは、姉同様血統的なものなのでしょうか。気になるのは脚元ですね。前走同様球節が腫れているように見えますし、右前の内に骨瘤もあるようです。

ジョワドヴィーヴル
まあ、さすがにブエナビスタとくらべたら、父がディープの分薄手で胴が詰まっておりスケールという意味では2枚くらい劣っていますが、それでもデビューした頃と比べてトモに幅は出てきていますし、この馬なりに良くはなっていると思います。バネに特化したタイプなのでコンフォメーションだけでどうこう言える馬でもありませんしね。

トーセンベニザクラ
良く纏まった造りでそれなりにバネもある馬ですが、どうにもG1で通用する器には見えません。

ハナズゴール
かなりこじんまりとしたタイプで見た目だいぶ劣るんですが、腰付きは確りしておりしなやかで脚を回す速さはあるんですよね。そういった意味では前走のように直線だけ速い脚を使ってという競馬なら来てもおかしくは無いんですが、やはり華奢ではあるのでG1らしい競馬に対応できるかどうか。

パララサルー
ディープ産駒らしく繋ぎが柔軟で品のある馬体。フォトパドックのコメントであるようにこれで道悪でも苦にしない(勝ち切れる)のだからポテンシャルは結構高そう。トモの身入りも良く上体も良さそう。

ヴィルシーナ
馬体重以上に大きく見えるのは脚が長く馬体に幅があるからでしょうか。ただトモが甘く距離がもう少し長い方が良さそう。現状は桜花賞よりオークスでという感じがします。

◎パララサルー
▲ジョワドヴィーヴル
▲ヴィルシーナ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中