皐月賞 PHOTOパドック

中山はまず馬場ですねー。


アダムスピーク
細身で脚長のスラリとした体型。蹄が薄く前走は道悪が堪えたのでしょう。その点巻き返しは期待できそうですが、瞬発力に特化して無いディープ産駒牡馬がどうなるのかという所もあり。

アーデント
春が近付くにつれ絞れてきたのか太目は解消されてきた模様。ただ相変わらず腰は甘く、全体的にももう少しピリッとしてくれば、という感じでしょうか。

グランデッツァ
アグネスタキオン産駒らしい、骨量豊富で筋肉の柔軟性もある馬体。繋ぎが長く確かに前脚は怖いですが、目の前のレースに対する準備は問題なさそう。

コスモオオゾラ
毛ヅヤは良く体調は良さそうですね。馬体としては脚がクネクネしていて、腰も甘め。トモも別確りしている訳でも無く、G1のでは絶対スピードでまず劣りそうです。ロージズインメイ産駒はそういう馬が多いので、血統イメージ通りの馬だと思います。

ゴールドシップ
今回写真を見て一番成長を感じたのがこの馬。ステイゴールド産駒ながら芦毛でメジロマックイーンの血が強いのでしょうか、大きくステイヤー寄りの造り。腰が確りして筋肉量十分。直飛で大きな走りをする馬。ただ今回に関してはそこがマイナスに出そうな感じも。出遅れず、馬群で窮屈な競馬にならないことが好走条件となりそう。

ディープブリランテ
脚長で腰高、ディープ産駒にしては筋肉量豊富でスピードを感じる造りなのですが、その分まだ仕上がった様子は無く、素質だけでここまで走ってきた馬。素質だけでG1は通用するのか?はレースにてのお楽しみということで。

トリップ
クロフネ産駒で、見た目の迫力は満点。胸前などガッチリ筋肉がついておりスピードがあり…そうなんですが、これが血統というべきなのでしょうか、芝レース向きのスピード、という意味では劣るんですよね。掻き込みが強い走りで、硬い筋肉に覆われているからでしょうか。前走同様、雨が降り時計勝負にならなければ。

ベールドインパクト
ディープ産駒ながら大久保厩舎らしく硬い造り。ディープ産駒向きの流れになったきさらぎ賞での成績がこの馬の特質を示していると思います。

マイネルロブスト
完成度は高く2歳時から特に上積みは感じないんですが、なぜかトモが流れ腰が甘くなってそうに見えます。横比較で馬体も劣る様に見えてさすがにそろそろ一線級では厳しいでしょうか。

メイショウカドマツ
ダイワメジャー産駒らしく骨太でガッチリしたパワー型。なのに腰は甘く加速遅そうで、瞬発力は無いタイプでしょう。溜め過ぎず、後続に脚を使わせながら逃げれれば。

ワールドエース
薄く柔軟な筋肉に覆われている系なので、これでどうこう言える馬ではありません。世界のエースですからね。強いんだと思います。


◎グランデッツァ
○ゴールドシップ
▲ディープブリランテ
△ベールドインパクト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中