皐月賞 予想

本命はグランデッツァ。
アグネスタキオンらしく豊富な筋肉、骨量を備えた素質馬。年末のラジオNIKKEI賞は熱発の影響で連を外しましたが、それでもこの世代では力上位の所を見せており、前走スプリングSは外を回るも強い競馬。繋ぎが長く走りを見ると本質的には広いコース向きな印象もありますが、折り合いに難が無く先行できるので小回りだからと言って特段評価は下げなくても良いでしょう。日曜日、馬場が回復し、極端な内伸び馬場にさえなっていなければ、まず好勝負してくれるのではないでしょうか。馬体的に見てこの世代でまず強いのは、と聞かれてこの馬を取り上げない訳にはいきません。

さて、今回カギになりそうなディープ産駒の評価。
一番人気の評価をもされそうなワールドエース、極端に言うと本産駒の中では先週人気を裏切ったジョワドヴィーヴルに近いタイプ。いわゆる「バネ」に特化した体付きで小柄。きさらぎ賞のパフォーマンスは確かなものでしたが、今回求められるものはそこで発揮したものとは全く別。脚質的に差し追いこみタイプで状況も向かなそう。それを覆せるほどの能力があるでしょうか。陣営が輸送を嫌って関西のトライアルを使って来ている辺り、目標が皐月賞では無さそうなのもどうかと。

アダムスピークはワールドエースと違い、脚長で細長い造り。その分やや捌きが硬くバネというより先行して粘り込むような競馬が良いタイプ。蹄が薄く前走は道悪が堪えたようで、また既に賞金も足りているだけに、仕上げもここ目標だったのでしょう。内がどの程度乾くかによりますが、この枠から無難に競馬できればという所。

ディープブリランテは筋肉が確り付いているパワータイプ。トモ脚が確りしていてスピードが持ち味の馬です。ただその分折り合いに難があり前に壁を作れなかった前走は格好の目標になってしまいました。また、一瞬脚は素晴らしいのですが、その分長く良い脚は使えず、抜け出す時にどれだけ付き離せるかという乗り難しさがあります。体型的に距離延長が微妙に思えるのと脚元で少し気になるところも。

弥生賞で内枠から上手く立ち回ったアーデントは上位とは馬格的に見劣りますが、再び好枠を引いたのと、個体として見ると太目が絞れ上昇気配はあるので、気にしておきたい所です。

ゴールドシップは、血統はステイゴールド×メジロマックイーンでオルフェーヴルと同じような配合なのですが、大柄でまだまだ造りが甘く、はたして小回り他頭数でどのような競馬ができるのかという所ですが、スタミナはあるので激戦になったら浮上しそうな一頭です。前走はゲート出れましたが、今回はどのような競馬してくるでしょうか。


◎グランデッツァ
○ゴールドシップ
△ディープブリランテ
△アダムスピーク
△アーデント

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中