皐月賞 回顧

皐月賞も現地で見てきたので少しだけ振り返ってみます。

最終的に1番人気になったグランデッツァ。馬体の造り、素質はやはり上位。ただ、前回に比べて後肢の造りが甘くなっていて、個人的に期待していただけに「うーん」と逡巡してしまいました。デムーロさんがレース後のコメントで「今日はノメッていた」と仰っておりますが、本来重馬場でもこなせる馬だけに、そのあたりの甘さが影響あったのかもしれません。皐月賞はこの馬、と期待していただけに少し残念でした。もちろん馬券も(以下略

ワールドエースは予想では小柄で筋肉が無いただのバネ野郎と書きましたが、少し訂正します。結構良い馬でした。しかしながら元々陣営がダービーを目指していただけに、今日を勝つための仕上げという訳では無かったようで、その辺り素質でどこまで通用するのかという感じで見ていたのですが、勝ち馬がワープしてきたので結果的に外を回した分でしょうかね。ダービーでは巻き返しが期待できる一頭だと思います。

ゴールドシップ。というよりウチパクっつあん。素晴らしい騎乗でしたね。もちろん良い馬です。ただ、外差し馬場だけにあのような競馬をするなんて思っても居ませんでした。スタミナ型だけにある程度レースが流れ、瞬発力勝負にならなかったのもこの馬に向いたと思います。ただ、もう一度言いますが、ウチパクっつあんの素晴らしい騎乗。痺れました。

ディープブリランテ。スピード感ある構造をしており、この世代でもトップのスピード能力を秘めた馬です。でもG1は色々上手く行かないと難しいですよね。前脚にちょっと大きめの骨瘤があって、馬の素質をもう一つ上へと持って行けない。一瞬の抜け出す脚が武器の馬でもあるだけに、今日の展開も向かなかったようですが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中