優駿牝馬 予想

この路線として距離が一気に伸び2400Mとなりスタミナが求められそうなレースですが、折り合えない馬や単純なスピードしかない馬は、外回りに変わってある程度の(その世代で上位の)スケールが求められるようになった桜花賞でふるいに掛けられるので、あまりここに出てくることが無いような印象。と言うことは、逆に言うとそこで勝ち負けしてる馬はそのままオークスでも通用してしまうということです。距離としては800M伸びますけど、折り合いとスピードとある程度のスタミナが既に証明されている訳ですから…。

ミッドサマーフェアはここ2戦でのパフォーマンスが評価されてか1番人気に推されているようです。桜花賞に出走できなかったのは良くなってきたのがほんとここ最近だから、ですかね。なのでこの馬を評価するには、横比較でどれだけ上積みを見せれるのかという所だと思います。ここ2戦は相手も弱く、長い直線を軽い瞬発力だけで勝ってたという可能性もあるので。

桜花賞組の順位づけとしてはヴィルシーナ>ジェンティルドンナ>>>アイムユアーズでいいでしょう。骨太で繋ぎが確りしているジェンティルドンナに対して、しなやかでスピードという意味では劣るけど距離が伸びて良さが見出せるヴィルシーナ、同じディープ産駒ながらタイプの違う2頭の序列はこの舞台なら入れ替わりがあってもいいはず。アイムユアーズは1600Mより1400Mでパフォーマンスを見せている通り、そういう馬なんだと思います。

あとは中距離で良さを見出したい馬が、スタミナ寄りのレースになってどこまでという所。スローに流れたらスピードが足りず追いつかないけど、例えばダイワエルシエーロみたいに上がり勝負に持ち込まないような競馬をしたり、短距離馬などが折り合えず飛ばす展開になった時のスタミナ勝負でどれだけ脚を発揮できるか。そこで考えられるのは、トモ量が無くスピードは足りないけど、軽さあって体が柔らかいオメガハートランドだったり、逃げそうなダイワデッセーやメイショウスザンナだったり。いやもうここは各人の閃きやアイディアでしょうね…。

◎ヴィルシーナ
▲ミッドサマーフェア
△ジェンティルドンナ
△お好みの一頭

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中