宝塚記念 回顧

阪神競馬場で宝塚記念のパドックを見ることができたので、記憶のメモ帳を読み返して振り返ってみまんす。

勝ったのは、昨年の三冠馬オルフェーヴル。誰が何と言おうと歴史に名を残すであろう去年の三冠馬。
ただ週中から囁かれていたデキ不安は間違い無かったようで、じっさい見ても去年強さを見せていた時のオルフェーヴルの良さは感じられず。池江調教師が「デキは7分やで」とトレセンTIME的な番組などで言っていたのは間違い無かったと思います。しかし競馬は他馬との関係で勝負が決まるもの。自身の体調が万全で無くとも他馬が良い仕事をしなかったり、体調が悪かったりしたら、そりゃ三冠馬ですもの。自分の競馬に集中できればそれなりに来ますよ。無駄に外をブン回さず、勝負所で内を突いた騎乗も見事だったのではないでしょうかね。

今回期待したルーラーシップは2着。パドックを見て悩ましくなりましたよ。。と言うのも、この馬をAJCCで見た時より腰が甘くなっていてシャキシャキ歩いて無かったんですよね。背が高く後肢が大きくて見栄えする馬なのですが、今回は腰が甘くなってクネクネしており、AJCCの時に記憶された抜群ルーラーシップといま目の前を歩いているルーラーシップにややズレがあったので(能力はあるので)相対的には評価するけれども…という感じでした。レースはやや出遅れたもののすかさず内からポジションを取りに行く競馬と4角の追い出し鞍上の妙技だったと思います。ただ内から同じくデキは抜群では無いが、能力は高いと言う馬がスルスル抜け出してきたので…。

3着のショウナンマイティは成長もあったのでしょう、以前見た時より全体的に纏まりを持っていて高い完成度を見せていたと思います。最後は地力の差でしょうか。展開もあったでしょうが、上位2頭との差を詰めるにはもう一段階上の何かが求められるのではないかと。

個人的に応援しているエイシンフラッシュは、デキはまずまず良かったのですがレースで良かった頃の走りを見せなくなって来ているようです。追い切りで見せるフォームとレースの走りが連動しやすい馬だと思っているのですが、今回追い切りでの走りがイマイチな感じがあったりしまして…。もう一花咲かせてもらいたいのですが。


ちゅーことで今年の宝塚記念をまとめると、

・オルフェーヴルのデキは確かによう無かった。でも、真面目に走ればデキる馬。
・ウィリアムズはやっぱり上手い。
・すでに能力を示しておる馬に逆転できるだけの上がり馬が今年はおらんかった。
・エイシンフラッシュはもっと頑張れ。

ほな、また。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中