新潟2歳ステークス 回顧

新潟2歳ステークスを見て来たのでメモをば。

このレースはまだ1戦しかしていない馬ばかり集まるので、当然ながら色んな所(条件)を勝ち上がってきた馬が揃います。単純に軽さ(仕上がりの早さ)だけを活かして勝ち上がったような短距離馬は勝手に脱落するとして、後はスタミナに寄るのか、より脚を速く回すことに優れている馬に寄るのか、そこからは当日の状況次第です。もちろん、セイウンワンダーやマイネルレコルトのように、この後G1で好勝負出来る様な世代上位の馬(そのような素質を備えた馬)がいれば別ですが。
そこで今の新潟の馬場。レコードタイムが連発するように時計が速い。つまり、求められる資質としてまずスピードが第一となるような競馬ばかり続いている状況なのですが、今回はモーニングコールが緩ませず逃げたことで最後まで脚を回すことのできる体力も求められた結果になったと言えるでしょう。まだまだキャリアの浅い2歳戦なのでスタミナは備えていないですからね。持ち前のポテンシャルが重要だったということで。

勝ったザラストロは新馬戦から使われるごとに体の形が整ってきており、今回は姿勢が決まってデキも良かったです。この中ではトモの張りも良く腹袋が大きめ、スピードと体力で優ったと言えるでしょう。体型的には箱型で、去年このレースを勝ったモンストールに似ている馬だと思います。瞬発力勝負のマイルでは厳しいので1400辺りがベスト条件となっていくのでは、

2着のノウレッジ、本質的にはダート馬だと思うのですが…この馬も結果的には持ち前の体力と脚力が活きたと言えるでしょう。今の馬場はまだまだ内が伸びる馬場で、直線は無駄に外を回すこと無く競馬出来たのも良かったのかもしれません。

3着のサウンドリアーナはブリーズアップセール出身馬で、仕上がり良くスッキリとした体付きもトモ肢が確りしていてそこそこのバネも感じさせる脚付きでした。体がデキていてただの短距離馬では無い、ある程度のスピード証明はあるという所でこの馬も内からすんなり競馬出来たのが結果的に良かったのでしょうね。

4、5着のメイショウオオゼキとカラフルブラッサムは共にハーツクライ産駒。どちらも良い馬だとは思いますが、やっぱり腰に甘さあって体も決まっていないのでここでは脚の速さで劣ります。メイショウオオゼキはトモは良いんですがまだまだ太く、成長途上といった感じでした。ハーツクライ産駒ですが背が低めなのでマイル辺りの適性がありそうです。カラフルブロッサムはこの中に入るとやや手脚が長く見え、こちらは父産らしい中距離馬でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中