京都大賞典 Photoパドック

日本の馬場適性云々というより、外国から強い馬が来るのは「日本では見れない」馬を見ることができると言う意味で楽しみなのですが、今年のスプリンターズSに出走していたリトルブリッジはまあまあ良い馬というレベルで、それほどの才能は感じませんでした。キャプテンオブヴィアスはただの骨太デカ馬で日本ならダート、ラッキーナインは去年見た時より馬が萎んでいましたね。

さて、勝ったロードカナロアは初見。事前写真で感じていた通り箱型の体型で確かに筋肉量豊富で柔らかさはあるのですが、思ってたより「おお!」という程の馬では無く、個人的に評価が難しいパドックでした。例えばカレンチャンなら昨年見ているので、あぁ去年より馬が小さいな、ということを感じられるのですが、今日のロードカナロアが果たしてこれで良いのか?というのは自分の脳内に過去映像が残っていない中での判断になります。そこで舞台設定(中山1200M+高速馬場)を当てはめて、その馬が足りるかどうかを考える訳ですが、体型的に中山1200Mがバッチリという造りには見えなかったので、相対比較の中で良い方、という置きに行く評価しか出来ませんでした。

更に今年のスプリンターズSが難しかったのは、そんな置きに行く評価しか出来なかった馬に対する逆転候補を見出せなかったことです。外国馬は先述の通り。3歳馬のエピセアロームは前走セントウルSを勝っていますが、やはりスプリンター的筋肉を纏っている訳では無くベストはマイル辺り。この路線常連のダッシャーゴーゴーは休み明けでは無いのに太い、というか筋肉が緩んでいてトモ腰がフラフラ。パドトロワも流石に体は絞れていたのですが、デキがイマイチ。

という所で一巡して、それなら性能高いロードカナロア、カレンチャンで仕方ないか、というのが最終判断。おおコイツは強そうだ!凄く良さそう!という馬を買いたいのがG1なので馬券は見送りました。そのお金はエピセアロームがマイルCSに出て来た時に使いましょうかw 今年もマイル路線は混戦なので、チャンスのある一頭だと思いますよ。

広告

京都大賞典 Photoパドック」への3件のフィードバック

  1. 「今年の京都大賞典は、語る価値も無いメンバーだ」
    ということ?

    しかし、毎日王冠は良い面子が揃いました。大賞典とはえらい違いです(^^ゞ

    • >紫草さん

      すいません!フォトパが中々アップされなかったので下書きの状態で保存していたのですが、どうやら日時設定していたらしく、下書きのままアップされたようです。。

    • >紫草さん
      確かに毎日王冠の方が豪華かもしれませんが、フミノイマージンが出走するので個人的には京都の方が興味ありますよw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中