京王杯2歳ステークス 回顧


いわゆる早熟のスピード馬が勝つことが多い京王杯2歳ステークスですが、今年はちょっと先々でも楽しみな馬が見られた京王杯2歳ステークスでした。

勝ったエーシントップ、血統的にコテコテのアメリカ血統でスピードはあるけどただ速いだけの馬だよな、と戦前は思っていました。ところがパドックを見ると、この時期の2歳短距離馬らしい胴短仕上がりアドバンテージ型ではなく、前後体躯のバランスが良く手先も確りしているのにダート馬的な硬さは無く、繋ぎもある程度遊びがあってイメージを覆されましたよ。休み明けのプラス10キロも太目残りと言うことは無く、先を見据えた状態ながらも筋肉を付けて来たと言っていいでしょう。まあ、これから成長するにつれ体が硬くなってゆくのかもしれませんが、現状あの巨体を動かすだけの運動神経も備えていますし、スピードは間違いなくあるので、誤魔化しが利く中山マイルの朝日杯なら1600Mでも大丈夫なんじゃないですかね。なかなか面白い馬です。


2着のラブリーデイは牝馬だと思ってたのですが、牡馬でしたね…。
池江厩舎なので形はマトモです。キンカメ産駒らしくコロンとした造りではなく、母父のダンスが出ているのでしょうか、上体の割に脚が長くてやや細身にも映るのですが、繋ぎや球節に緩い所はなく手先は確りしていました。この距離でというより1600~2000辺りの方がこの馬には合っていると思います。


あと5着のノウレッジ。上の写真では少し分かり辛いかもしれませんが、かなり面白い体型をしています。胴が詰っているのに脚長。教科書通りの斜尻で曲飛。後脚の位置がかなり後ろの方にあるのですが、腰は纏まっているのでトモ肢が流れる事は無い。そしてエーシントップと同じくテコテコのアメリカ血統なのに柔らかい動き。もちろんトモ幅もあって後肢はパンとしています。いやー、新馬戦こそダートでしたが、新潟2歳ステークスで見た時より柔軟さが増していたので、しばらくは芝で楽しませてくれるでしょう。エーシントップのように血統が強く出てきたらダートかもしれませんが(笑)
この体型なので器用さは無くスピードに乗るまで時間が掛る所があるので、今回の様なスローの上がり勝負は向きませんが、脚力と持続力はあるのでマイル辺りの広いコースですんなり競馬できたら面白いんじゃないですかね。


1番人気のテイエムイナズマは重賞勝ってますけどエーシントップやノウレッジほどの強みが無いのに気性が残念なのが残念でした。
2番人気のマイネルエテルネルもエーシントップ同様関西馬らしくトモがあってスピードのある造りですが、スケール的には劣る印象で1400Mならもっとスピードに任せる競馬の方が良かったかもしれません。3番人気のアットウィルはソエが大きく条件的にも?な所あり。馬はソコソコでしたが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中