東京スポーツ杯2歳ステークス 回顧

東スポ杯を観察してきたのでメモ的に回顧をば。


勝ったコディーノは、札幌の時と違って甘さや緩さが無くなり確りと体を造って来ていました。腰高の体型でやや頭の高い所はありますが、手先や飛節のバネ感が素晴らしくスピードのある造り。完成度の高さとスピードを見せつけたレースっぷりで現状2歳の中では一枚抜け出た感もあります。ただ、そのような馬なので、クラシックというより本質はスピードを活かせる条件向き。ダービーより皐月賞、NHKマイルCという感じは受けました。

2着も同じ藤澤厩舎のレッドレイヴン。脚長の体型で手先もキビキビ動き良い瞬発力を持った馬ですね。コディーノと共にこの馬も新馬から体がグンと良くなってきていました。今回気になったのが、左前脚のソエが大きくなっていたこと。中一週でレースを使ってきたこともありますし、これ以上悪化させないためにも今後は春を見据えてまずはゆっくり休んでもらいたいですね。

3着はインプロヴァイズ。この馬は堀厩舎で、終って見れば関東上位厩舎のワンツースリー。4着のケンブリッジサンと上位馬の馬券を買っていた自分には痛い結果となりました(笑)というのはどうでもいいのですが…。この馬は良いしなやかさがあるのですが、腰付き甘くちょっと癖のある体型でさすがに今回はムーア騎手を以ってしても上位馬には力及ばなかった印象です。


あとは人気を裏切る形になってしまったサトノノブレスですか。少しデキ落ち感があり、腰も甘くスピードやキレを発揮できるのに十分な格好で無かったように思えます。あと気になったのはハミ替え。調教を見た時ツイッターでも呟きましたが、今までリングハミだったのをハミ管が大きな丸型のハミに替えてきていたんですよね。新馬戦からリングハミを装着してくるような馬ですから、折り合い面で不安があったことは確かでしょう。それを替えて来て陣営はもう折り合いに不安は無いと考えていたのかもしれませんが、今回のハミだと馬を気分よく走らせる半面、ハミを自分から取りに行くような馬出ないとフワフワ走ってしまうように思えます。色々試行錯誤している最中だったのかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中