阪神ジュベナイルフィリーズ Photoパドック

栄枯盛衰。トランセンドは前走よりも膜張筋が確りしていて後肢の引き付けは出来ていましたが全体的に小ぢんまりとした馬体。エスポワールシチーも早い流れを引っ張ったとはいえ、昔ならもう少し踏ん張っていた気がします。


アユサン
ディープインパクト産駒の牝馬にしては骨量筋肉量共に程々あり底支えが利いたキレのある馬体。しかし馬体にはメリハリなく淡白さはある。右前の内に骨瘤らしきものも見られますが、馬が気にしていなければ現状のアドバンテージは大きい。

エイシンラトゥナ
この時期の牝馬にしては大柄なのは血統でしょうか、骨量筋肉量共にあり腰高の体型。少しスピードに寄った体付きでベストは1600M以下のはず。前走見た時、前脚に怪しい所があったのでそれを敗因と見るなら今回も様子見でしょうか。

オツウ
ハーツクライ産駒ですが、腰回りが確りしていて手脚や繋ぎが長くキレもある。新馬戦のように瞬発力が活きる展開で来れたのは納得の造り。今回は前走と比べてだいぶ腹回りがスッキリしている感があり、絞り過ぎていなければという所。距離はマイル~中距離が合うはずでこの条件も良いはず。

クロフネサプライズ
ダートの短距離~マイル辺りが良さそうです。

コレクターアイテム
オツウと同じハーツクライ産駒。ただ馬体重以上にフックラ感がありまだ重たい印象も。腰も甘くこの中では完成度でかなり劣りますが、手先が確りしていて蹴りが強く素質が高い馬。前走以上により動ける体付きになっていれば上積みを見せてくれそう。

サウンドリアーナ
斜尻で曲飛、やや腰も甘めで見た目には良くない造りですが、デビュー時は細身に見えた造りも秋になりグッと身が入りボリューミーに。完成度が高くこの写真からはデキの良さも窺わさせられる。

サンブルエミューズ
ダイワメジャーにフレンチデピュティという血統ですが、骨が細くシャープな造り。ただ、非力という訳では無く、そこそこのスピードとキレを備えた馬。早くから動けるのも納得で、あとは上積みを見せれるかどうか。

ストークアンドレイ
ダート短距離辺りが良さそうです。

タガノミューチャン
脚長胴長でパーツパーツが長くハーツクライ産駒らしい体付き。お尻が小さめでスピードやキレのあるような造りでは無いのに、前走は1400Mにも関わらず中団に控えるというファンタジーな競馬だった。マイルより中距離が合うような印象なので、長い距離で理解のある騎手が乗ってくれた時に期待しましょう。

ディアマイベイビー
名前が示すようにベイビーな体付き。バランスは良く動かすと良い所がある馬なのでしょう。

プリンセスジャック
マイラー体型。繋ぎがやや短く太目でややパワー型といった所。飛節の折深く後ろから末脚を活かすタイプでしょう。軽い芝より時計が掛る馬場が良さそうです。

ローブティサージュ
中々の好馬体でメリハリある筋肉を備えた体付き。トモ肢の張りがグッド。体型的に中距離が合いそうで前走は距離が短かった。


○ローブディサージュ
○オツウ
▲コレクターアイテム
△アユサン
△サウンドリアーナ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中