有馬記念 2012 予想

今年の上位人気馬は信頼が置けません。ルーラーシップにゴールドシップ、気まぐれ屋のエイシンフラッシュ(というかなんでこの馬が3番人気なんだよ。。)

1番人気のゴールドシップ、強い3歳世代と言われた今年の2冠馬。スタミナ満点の走りっぷりは確かに暮れの中山向きかもしれません。ただ、皐月賞は内ポッカリワープ大作戦が嵌ったもので菊花賞は下り坂&相手弱化。スピードや瞬発力が無いのはダービーのパフォーマンスを見たら明らかで、捲りを活かしたスタミナがこの馬の特徴。はたして小回り中山で捲り切れるかでしょうか? 2500Mの中長距離レースでスタミナが求められそうな印象を受けますが、小回りコーナー6回コースというオモシロオカシなコース設定が過去多くの人にボーナスをもたらしたレースでもあることを忘れてはなりません。ルーラーシップは大トビ・ベアナックル走法で中山内回りに疑問があります。そもそも出遅れ芸を披露している馬を中山内回りで…(以下略

まあ、この2頭は『能力は高い』ので、ビートブラックが春天よろしく大逃げしてそれを各馬早め早めに捕まえに行く展開なら一緒に外から伸びてくると思いますが、結局ルーラーシップも能力がやや劣るであろう馬に勝てなかったということもあり、とにかく自身の走りがアダとなっているのではないかと。

じゃあ何を買うのか。今回追い切りで目に付いたのがビートブラックとダイワファルコン。前者はトレセンTIMEというグリーンチャンネルの番組で細江さんが褒めまくっていたので無駄に人気してる?のが気になりますが、ノースヒルズ先行三銃士でチャンスあるのはこの馬でしょう。アーネストリーは競馬に対して前向きさを失っているようですし、トレイルブレイザーは海外帰りでデキがあまり良く無さそうに見えます。数年前に同じBC帰りでレッドディザイアが有馬記念に出走していましたが、体のラインがボヤけて冬毛が爆発していたのを思い出します。またこの2頭に騎乗するのが、福永騎手と武豊騎手というのもポイント。共にテンに対する積極性は無いだけに、よりビートブラックに向くペースを作りだしてくれそうな気がしています。

ダイワファルコンはこの秋好調ですね~。骨太のジャンポケ産駒で関節のせいか走りが硬く、上がり勝負ではまったく話にならない馬。たしか府中ではほとんど馬券に絡んでない(少なくとも1着は無いはず)んですよね。先行力があってビートブラックの後ろから中山を手の内に入れている北村騎手なら。


あとは騎手。中山2500Mはヘンテコなコースなんで関東上位騎手か先行マニアの外国人騎手を買っておけばとりあえず何とかなります。外国人騎手というだけでオーシャンブルー、スカイディグニティは抑えておきたい所。中団やや前から内をするすると。ダークシャドウはムーア騎手が中山下手なのと、馬自体小回りかなり下手なタイプなのでここは影に隠れておいてもらいましょう。とにかく、能力の高さでは無くコースや展開利がポイントです。


△ビートブラック
△ダイワファルコン
△オーシャンブルー
△スカイディグニティ


とは言え△ばかりなのは、改めて印付けた各馬の名前を見て、とてもG1を勝つような馬に思えないからです…。
ビートブラックがG1二勝もするか?ダイワファルコン…オーシャンブルー…は見たこと無いですが、「格」という観点で見るとどの馬も評価できないですよね。
なので今年は「有馬記念は好きな馬を買っておけ」 これに従います。
ゴールドシップとルーラーシップがぞくぞくするような捲り競馬を見せ、レース後「やっぱ強かったね」とボヤくことでしょう。えぇえぇ。


◎エイシンフラッシュ
△ビートブラック
△ダイワファルコン
△オーシャンブルー
△スカイディグニティ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中