共同通信杯 Photoパドック

きさらぎ賞はタマモベストプレイでしたか。
距離が少し長いと思ってましたが、馬場が悪いのか、人気どころのディープ産駒が体調的にイマイチだったのか上がりの掛かる競馬で状況が向いたようですね。まあ前回書いたようにこの馬自身の体調が良かったと言うのも大きいと思いますが。

今週の共同通信杯も混戦でしょうね…。


マンボネフュー
中型でスッキリとした体付き。腰付きが硬く後脚も真っ直ぐでワンペースで走れる方が良いタイプだと思うので、府中中距離向きにはあまり見えないのですが、能力はそれなりにあるので、相手次第で。

ケイアイチョウサン
小柄で胴が詰った体型。バネやパワーなど特に秀でているものはなく、普通の馬。

ゴッドフリート
重心が低く骨太とコメントにはありますが、朝日杯で見た時は細身でバランスは良いけど、という印象でしたね。

ザラストロ
箱型でお尻が真っ直ぐ。キレが無いので時計の掛かる馬場などが合う馬ですが、能力的にはそこまで…といった所で。


先日のきさらぎ賞同様、状況が向いた馬が勝つレースになりそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中