阪急杯、中山記念 Photoパドック

パドックで見たら充実一途と言う感じで悩みましたが、浜中騎手の府中成績が良くない(仕掛けをミスって脚を無くすシーンを良く見る)ので単勝候補から外してしまいました。結果、内から何なく捌いてきてG1制覇。昨年のリーディングジョッキー、その勝ち鞍のほとんどが下級戦で重賞、まして関東では…という印象があったので、ああ、こうやって名実ともにリーディングジョッキーの名にふさわしい騎手になってゆくのだなと思いましたね。グレープブランデーをもう一つ上の高みへと成熟させた陣営の手腕とともに拍手。

ロードカナロア
ギュっと身が詰った短距離馬。腰高に見えるほどトモの幅も大きかったように思えますが、今回はやや張りに欠け万全の状態から数歩手前の状態にあるようです。まあ目標はここじゃないですからね。

オセアニアボス
ロードカナロアと比べると脚が長く背もあり、そういう意味では1400M辺りがあうのかもしれません。馬体はやや硬さがあってバネは無いので、例年この時期の芝が生えそろった時計が掛る開幕週の馬場は合うと思います。状態も良さそう。

オリービン
腰高の体型でまずまずスピードを感じる馬体ですが、首が短く追って甘い所はあり。

サンカルロ
脚が長く鋭さは無いので1200Mより1400Mという馬なのでしょうね。シンボリクリスエス産駒らしい硬さがあって時計の掛かる馬場向き。たまたまかもしれませんが、後肢が流れる様な立ち姿になっており、腰が甘くなってたら注意。

エピセアローム
スッキリとした体付きで脚長、1200Mより1400Mマイル辺りでキレを発揮する馬だと思います。冬場なので毛ヅヤは良く見せませんが。

マジンプロスパー
元々ふっくら見せますが、あともう少し絞った方が良いのではと思わせる体付き。腰が甘くバネもそれほど無いのでジリ脚が活かせるような馬場なら。

○ロードカナロア
△オセアニアボス



ダイワファルコン
骨太でドッシリした体型。デキは良さそうですけどスピードは無いので1800Mより2000Mの方が良いはず。中山は合うのですが。

ナカヤマナイト
中型のスッキリとした体付きで、もう少し身が入ってくると良いかなと思っていたのですが、だんだん良い筋肉が付いてきた様に思えます。左前のソエが大きくなってそうなのが少し気になりますが、問題無ければこの距離の中山は得意な馬なので。

タッチミーノット
ダンス産駒らしく脚長でドーンとした体型。特別な資質を備えている様には感じませんが、体型通り良い脚を長く使うことは出来るので、そういった展開&相手次第で。

アンコイルド
右前の内に大きな骨瘤があり、それで出世が遅れたのでしょうかね。腹ボテで太目に写る体型から特にキレは感じないのですが、繋ぎが柔軟なのである程度のバネは備えているよう。

ダノンバラード
ディープ産駒らしく細身で薄手の体型。ただ、トモが甘くディープらしい瞬発力というよりスタミナに分があるようで時計がやや掛かった馬場の方が良いタイプ。1800Mでスピード競馬になったらちょっと厳しそう。

シルポート
いまさら言うまでも無いシルポート。今回はデキが良さそうですね。

▲ナカヤマナイト
△シルポート

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中