弥生賞 回顧

クラシックに向けて良い馬がたくさん出るレースなので現地で見てきました。


弥生賞




【コディーノ】

中間の追い切りから明らかに先を見据えた仕上げ、または折り合い不安からそこを重視しすぎた所で馬は出来てないという懸念がありましたが、ふたを空けてみるとブヨブヨという状態ではなくきっちり走れる仕上げ。腰高でスピードに寄った造りだけに皐月賞よりスローになる弥生賞ならとは思いましたけど、意外とペースが流れた割には折り合いは付いていましたね。いや、ペースが流れたからハコ内でじっくり折り合うことが出来たのでしょうか。直線もそろっと出すだけのような騎乗に見え、色々模索しているんでしょうね。


【カミノタサハラ】

初めて見ましたが関東のディープ産駒にこんなスケールのある馬がいたんだ!という驚きと、いやでもこの馬が関西馬だったらもっと…といのは余計な心配ということで。さて、先にも言った通りなかなか良い馬で、全兄ボレアスとマウントシャスタ両方の良いとこ取りしてミックスさせたという感じ。距離も菊花賞までなら問題ないでしょう。今回コディーノより評価を下げたのは脚長で器用さが無いので、この舞台では加速で劣り頭までは無いだろうと思ったから。おそらく皐月賞も同様の競馬をせざるを得ないので、そこが頭数増えた所でどうか。去年のフェノーメノ的ローテでダービーで馬券取りたかったんですけどねえ(笑)


【エピファネイア】

映像で過去3戦のパドックを見て良い馬と思っていたので期待していたのですが、背中もトモも緩く目標が先だったのか今日は馬を造って来て無かったですねえ。ボリクリ産駒なのに変な硬さが無く筋肉が柔軟で角居厩舎らしい良いバランスがこの馬も持ち味。ただ、さすがにそれだけで押し切れる相手では無かったようです。あと気になったのが左前脚にあった少し大きめの骨瘤。過去のパドックを現地で見てないのでいつできたものかは分からないのですが、それもあって確り馬を造って来れなかったのかなあとも。去年ダービー勝ったディープブリランテも2歳の東スポ杯勝った後から春までちぐはぐだったのはそれが原因だっただけに、まあ、ダービーまでに脚が固まって確り馬を造って来れたら良いんですよ。


【ミヤジタイガ】

どんな馬か見てなかったので皐月賞で見ます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中