桜花賞 Photoパドック

前哨戦が関西ばかりで行われる牝馬クラシックはもともと分からない。去年まで桜花賞は現地で最終確認は出来てたが、今年は都合により現地観戦は回避。馬を見てあーだこーだ言う者としては馬を見られなければ始まらず、混戦の牝馬路線、今年は大人しくしておこうと思う。


【クロフネサプライズ】
芦毛馬で写真だけでは良さが分かり辛い。クロフネの走る牝馬らしいスピードはあるのだろうというのが戦歴からの推測で、阪神JF→チューリップ賞とそのような競馬で連対。問題はさすがに人気を背負うだろう本番でもその競馬で楽をさせてもらえるのかと言う所。ただ今回はやや体が細く見え、どのような状態で出てくるのかがカギ。

【ウインプリメーラ】
ステイゴールド産駒だが、しなやかというよりやや硬さがあってスピード寄りの造り。それでも細身で限界はあるかという感じには見え、G1ではやや劣るか。

【アユサン】
阪神JFの時に、両前にやや大きいソエが出ていて流石に着は拾えなかった。それが春になりソエが解消され前哨戦は3着。アイムユーズの栗東留学で成果を出した手塚厩舎が今回はどのようにこの馬を造ってくるか。体は母父ストームキャットらしく間延び感や淡白さは見られるものの、トモ肢が確りしていて良いフットワークで走る。もちろん距離も問題無い。

【クラウンロゼ】
ロサード産駒ということで非力さがあって見た目劣るのは仕方ないのだが、良い纏まりやしなやかさを備えていて、いわゆる全体を使って走るタイプ。暖かくなってデキが除々に上向いているのは好材料。桜花賞へ向けて早めに栗東入りしているらしく、トレーニングでどれだけ馬が良い方へ変わっているか。

【メイショウマンボ】
脚長で大きくゆったりとしたストライドで走る馬なので、フィリーズレビューは3着くらいに負けてもらって本番でと思ってたお馬さん。前哨戦勝っちゃったよ!ということで、流石に人気の一角でしょう。正直、この馬に関しては良く分からない。当日現地に行かれる方には是非この馬の良い所を見つけてあげてほしい。

【ナンシーシャイン】
腰高のスピード馬。世代を掌握するようなスピードを備えている訳でも無く、阪神外回り1600Mじゃあ足りないでしょう、というのが率直なところで。

【ローブティサージュ】
この世代の2歳チャンピオン。写真を見てまず感じたのが馬体が戻って無さそうだという所。阪神JF時は全体的に丸みがあってトモもフックラ。当日はどれだけ体が戻っているか、そこに注目したい。

【コレクターアイテム】
須貝厩舎勢で逆に良くなって来たなと感じたのがこちら。まだ完成型とは言えないものの、以前よりスッキリ見せるようになりボヤっとした輪郭がはっきり。手先に弾力があって確りとした脚を使う馬なので、体の芯が決まってきたのはプラスに捉えるべき。

【サウンドリアーナ】
スピード馬で繋ぎも短くバネは無いので、控えても味が無いだろうというのが前回の競馬。距離に関しては気性的なものもあるだろうが、胸前や肩にガッチリと筋肉がついてきたようで、これはクラシックを目指すという意味ではマイナス。

【トーセンソレイユ】
とにかく小さな馬ではあるが、良血馬らしくバランスが良くしなやかで良い動きはするのだと思う。それで足りるのか足りないのかだけ。

【レッドオーヴァル】
胴が詰り気味で小柄な部類に入る馬だが、馬体重より大きく見せるのがこの馬の良い所。やっと冬毛が抜け見てくれも良くなってきた。ディープ産駒らしい良いバネを備えており、前走の負けが不可解ではあるが距離では無いはず。逆転候補の一頭だろう。


◎コレクターアイテム
○レッドオーヴァル
▲アユサン
▲クラウンロゼ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中