皐月賞 Photoパドック

本番でどれだけ上積みを見せられるかというのが混戦クラシックの戦い方。アユサンは阪神ジュベナイルフィリーズ時両前脚に大きなソエがあったしチューリップ賞も万全では無かった。レッドオーヴァルも馬体が減ってそこで無理をしなかったことが桜花賞での巻き返しに繋がったのだと思う。そして終ってみたら外国人騎手ワンツーと、彼らの勝負強さには本当に頭が下がる。


【コディーノ】
この馬に関してはずっと一定のレベルで馬体は安定。キングカメハメハ産駒らしく詰った体型でこの春の適性は「ダービー<<皐月賞<NHKマイルC」といった印象。スピードで圧倒すると言うより運動神経の良さで走る馬なので皐月賞の芝2000Mが長い、とは思わないが。

【コパノリチャード】
ハコ型でボテっとしたダイワメジャー産駒らしいスピード型。首や繋ぎも短めで2000Mは長いか。スピードで押し切る様な競馬で通用するかどうかだろう。

【クラウンレガーロ】
春になりやっとフックラしてきた感はあるものの、薄手で小柄。流石にG1では足りないと思う。

【カミノタサハラ】
今年の3歳牡馬でスケールと言ったらこの馬。これでもう少し柔軟さが出てくればと思うのだが、繋ぎと後脚がやや立ち気味で走りが硬く不器用なのがこの馬の長所であり欠点でもあるのでそれは仕方が無い。今回気になるのは背中回りの筋肉が落ち、絞られ過ぎ感がある所。当日の状態に注視したい。

【エピファネイア】
今回は確り筋肉を備えて来たようで馬体良化。それでいて柔軟さは失われておらず、やはり前走は試走だった模様。左前脚の外にある骨瘤には少し驚いたが、パドックや返しを見た限りでは気にする素振りは見せていなかったし、巻き返しは十分。

【ミヤジタイガ】
四肢が長いのにも関わらず背中短くややバランスが悪く見える造りも、トモや腰が確りしていてパワー溢れる馬体。荒れ馬場に強そうで時計の掛かる馬場なら。

【レッドルーラー】
脚長でスラっとした体型。肩も大きくいかにも長距離向きといったスタミナ馬。少し硬そうな所もあり、カミノタサハラと似たような所がある印象。

【タマモベストプレイ】
フジキセキ産駒らしい筋肉質の馬体で繋ぎも短く2000Mは長いと思う。相変わらず馬自体のデキは良さそうではあるが。

【フェイムゲーム】
暖かくなり除々に馬体が良化してきているのがこの馬。ハコ型で一見何の変哲もない馬に見えるが、手先のセンスが良くいいバネがある。ハーツクライ産駒らしく腰は甘くどうしても後ろからの競馬になってしまう不利はあるが、スタミナはあるので距離延長は良いだろう。混戦で。

【メイケイペガスター】
良い筋肉は纏っているが、上体が薄く四肢が長く見える辺りバランスは良く見えない。頭も高く折り合いが心配で…。

【ロゴタイプ】
前回書いたように、もう胴詰りのマイラーという体型では無い。背が伸びこの距離にも十分対応可能。ロゴタイプの長所はしなやかさで良い質の筋肉を備えている所。伸びがあってスピードもある。充実。


◎ロゴタイプ
○エピファネイア
▲カミノタサハラ
△コディーノ
△フェイムゲーム

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中