毎日王冠・京都大賞典 Photoパドック

秋のG1シーズンもはじまりましたし、またPhotoパドック記事でも再開しようかなあと。


・京都大賞典

トーセンラー
いやこれは良いでしょう。細くてキレしか使えなかった馬が今年から体重を増やして来てもう一段階上のステージで戦えるようになりました。デキも良さそうで、いきなりでも。

ゴールドシップ
ゴールドシップはもうずっとこのようにポテっと見せる馬で、それが無尽蔵のスタミナの肝だと思うのですが、逆に言うと一瞬のキレとかスピードの出し入れが全く出来ない馬。京都外回りの前哨戦で自分の競馬が出来るかどうか。

ヴィルシーナ
脚を長く見せる馬でジワジワと粘りのある脚を使える馬。ずっとジェンティルドンナの2着だったとは言え、古馬になって一線級の牡馬相手と互角に戦えるほどの成長は…見取れませんねえ。

エクスペディション
さすがにG2レベルだと少し非力にも見えるような背丈で意味としてはスタミナのステイゴールド産駒、という感じなんだと思います。デキは良さそうですけどね。

アドマイヤラクティ
この馬もデキは良さそうですね。コメントにもあるように春は蹄が悪くイマイチな成績でしたが、痛い所が治っているなら京都外回りは合う馬だと思いますし、良いのではないでしょうか。

アンコイルド
血統的なものでしょうが筋肉がムチっとしていて、パワー寄りな印象。馬場が渋った方が良いかもしれません。

◎トーセンラー
○ゴールドシップ
▲アドマイヤラクティ


・毎日王冠

ショウナンマイティ
背が高く脚を長く見せる馬でキレのある中距離馬。馬体に深みが出て来て本格化でしょうか。上がり勝負になれば。

コディーノ
ハコ型のマイラー体型で四肢の回転力を強みをしている馬。先行して速い脚を使えるので条件が向けば良いですね。

エイシンフラッシュ
やや太目でしょうか。あと右前の内にある骨瘤が少し大きくなっている気がします。

ダークシャドウ
繋ぎが立っていて捌きが硬く四肢を硬めて走る馬なので、中山とか阪神2000Mより広いコースでという馬。先行して自分の展開で脚を使えればチャンスはあるかと。

クラレント
この馬もダンスインザダーク産駒ですけどエリモピクシーでカチっとした纏まり型に出た様。首が短く頭の高い走りをする馬で、1800Mはギリギリ許容範囲内という所。

レッドスパーダ
脚は短いのに胴が長くバランスの悪い体型。繋ぎが太く決め手のあるタイプには見えないので、今まで通り先行して流れ込んで、後は時計が足りるか足りないかということでしょう。

▲ショウナンマイティ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中