菊花賞Photoパドック

エピファネイア
やや骨太で父産駒らしい所と、そうで無いしなやかさを持ち合わせた馬で、今年の3歳牡馬の中でスケールという意味では上位。問題はそのスピードを制御出来るかどうかという折り合い面。馬体構造的にいわゆるスタミナの馬では無いので、自らスタミナロスするような競馬にならなければという所でしょうか。

フルーキー
父の血統から受ける印象とは違い、やや薄手でこれでストライドを伸ばす走りが可能なら中距離馬なのも納得ではありますね。ただ前脚は短めで距離延長で良さが出る馬には見えません。デキは良さそうですが。

マジェスティハーツ
胴部より脚が長く少しバランスは悪く見せますが、ハーツクライ産駒らしいと言えばらしい馬。腰が決まっていて終いは確りとした脚を使えるので淀の3000Mは合うでしょうね。

サトノノブレス
春は体に甘さがあってパンとしていませんでした。それが前走から?腰回りが確りして来て成長したのだと捕えて良いと思います。この馬もトニービンらしく脚長で大きな馬なのでゆったり走ることが出来れば距離は持つのではないでしょうか。

テイエムイナズマ
ブラックタイド産駒らしく骨太で脚長、いわゆる大型馬の部類でしょう。ただキレが無いのが残念な所でそこが春もう一つ上のレベルで戦えなかった理由。大味な走りで誤魔化してどこまでという勝負になってしまいますからね。ただ淀の3000Mは決め手勝負にならないことが多いので、上手く競馬出来ればという感じはします。

ユールシンキング
脚長でヒョロっとした馬。腰付きも甘く前走パドック見た時は正直評価出来ませんでした。ただ折り合いは付く馬なので無駄なスタミナは使わず、キレは無いけど良い脚は長く続けられるというタイプなので下り坂のある京都の長距離は合うかもしれません。スピードが求められたら厳しいと思いますが。

ダービーフィズ
背が低く細身でこの条件では無いでしょう。

アドマイヤスピカ
前脚を揃えて立っているので立ち姿としては美しく無いですが、脚長薄めの馬体でユールシンキングに似たタイプ。ただキングカメハメハ産駒らしく飛節や繋ぎなど後肢の要所に硬さがある馬でその辺りもう少し緩みがあったら良いのになと思う所ではあります。デキは良さそうですね。

タマモベストプレイ
きさらぎ賞を勝っていますが、やはりフジキセキ産駒らしく筋肉質で胴が詰った腰高体型。長距離じゃないでしょう。

ケイアイチョウサン
やや小柄で細身。四肢も短めで意味としては中距離のスタミナ馬なんだと思います。内枠でロスなくずっと誤魔化して競馬出来れば…

ヒラボクディープ
そもそもデキがイマイチでは…?


○エピファネイア
▲マジェスティハーツ
▲アドマイヤスピカ
△ユールシンキング
△テイエムイナズマ
△サトノノブレス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中