天皇賞(秋) Photoパドック

天皇賞秋ですが、まーた台風が来てますね。。


ジェンティルドンナ
腰高でディープインパクト産駒の牝馬なのに筋肉量豊富で抜群のしなやかさとバネを備えた馬。蹄は薄めで道悪は得意では無いだけに、良馬場での開催を望んでいることでしょう。

エイシンフラッシュ
この写真の時点では少し余裕のある体付き。馬体や条件に今更ケチを付けるような馬では無いので、あとは去年と同じような状態で出てこれるかでしょう。

ジャスタウェイ
4歳になって馬体が完成の域に達しましたね。腰付きも良くなって良いキレを確り発揮できるようになりましたが、ハーツクライ産駒らしく手脚長めでお尻は薄いのでスピードはありません。なのでいつも通り後方から競馬するだけなら展開待ちですし、そろそろ違うアイディアで競馬して貰いたい所ですが…。

トウケイヘイロー
以前は全体的に甘さの残る造りだったのですが、この馬も今年になって腰回りが確りして筋肉もパンとしてきたのかスピードを活かす競馬が板についてきましたね。道悪も問題無さそうで、あとは展開次第でしょう。

ヴェルデグリーン
すらっと見せてしなやかさのある馬なのですが、腰が甘すぎてG1レベルの加速とスピードは全く足りないと思います。持続力勝負になれば一考しても良いかな~という程度で。

ダークシャドウ
この馬なりに安定した状態だと思いますが、右前の骨瘤が大きくなっている気がします。

コディーノ
胴短のスピード馬で、前走みたいな競馬ではダメでしょう。伸びのある馬では無いので距離は2000Mがギリギリかな?という気はしますがどうでしょうか。

ナカヤマナイト
薄手のステイゴールド産駒で中距離のスタミナ馬という印象。天皇賞秋向きとは思えないですが、デキは良さそうなので状況が向けばという所でしょうかねえ。

ヒットザターゲット
蹄が薄く良馬場で無いと力を発揮できないタイプでしょうね。

トゥザグローリー
脚長胴長の大型馬。瞬発力に関してはG1でも戦えるレベルのモノを持っているので、あとは状況次第ですかねえ。

ダノンバラード
薄手でディープ産駒にしては体付きが硬く、バネも無いので時計の恩恵があった方が良いタイプ。週末の天気次第で。

トーセンジョーダン
この馬も適性としては割れていて、脚長腰高の持続力タイプなので一昨年の様に展開待ちでしょうかね。まあデキがまだイマイチに見えるので、そこがそもそもどうなのかというのはありますが。

◎ジェンティルドンナ
▲トウケイヘイロー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中