アルゼンチン共和国杯・みやこS Photoパドック

・アルゼンチン共和国杯

メイショウナルト
細身でスッキリした造り。やや小柄でハーツクライ産駒らしくゆったり走るのでは無く、ややスピードに長がある馬。広いコース向きでは無いように思えますが、デキは良さそうでそれなりに纏めてきそうな印象は。

アドマイヤラクティ
こちらも同じハーツクライ産駒ですが、アドマイヤラクティの方が父産駒らしいといえばらしい馬。後肢が長く、キレより長い距離でスタミナを活かしたいタイプ。展開次第な所がネックでしょうね。こちらもデキはまずまず。

ムスカテール
少し太いでしょうか。これは当日どう絞れて来るか注目。馬としては、やや硬い所があって伸びが利かない馬なのでキレ勝負なら、という所。

ホッコーブレーヴ
腹袋がドッシリというタイプで、お尻も流れ気味で全体的に甘さもあることから早い脚は使えないでしょう。時計も掛かって欲しいクチのはず。

サイモントルナーレ
繋ぎ短く関節も硬そうで、良馬場の芝しかも府中で全うに戦えるレベルの芝馬では無いでしょう…。

▲メイショウナルト



・みやこS

ローマンレジェンド
500キロある大型馬なのですが、薄手で見た目芝馬のようですが血統なのでしょうね。節々が力強くて時計勝負にも強いのでハンデさえ気にしなければここは有力でしょう。休み明けですが、見た目には太くありませんし。

グレープブランデー
スケールのある馬で父産駒らしく脚長胴長の造り。以前は腰が甘くてモタモタする所があったのですけど、それが解消されて今年重賞連勝。フェブラリーSは勝っていますがスピードは勝負では分が悪いので前走マイルは少し短いでしょう。

ケイアイレオーネ
脚長骨太の大型馬。見た目の通り大トビなんで、力のいるダートの方が良いはず。

ブライトライン
ダートではこの距離初ですが、短距離体型ではないだけに距離は問題ないと思います。

インカンテーション
以前はもう少しヒョロっと見せていた所があったのですが、コメントにもあるように身が入ってドッシリしてきましたね。3歳馬ならケイアイレオーネよりこちらの方がこの条件に合うはずで、あとは古馬との能力差でしょうか。

グランドシチー
水平尻で前脚に曲がりがあって体付きにメリハリも無く時計勝負は厳しそうですね。スタミナ比べに持ち込みたい所でしょう。

ナイスミーチュー
グランドシチーと同じ父を持つ馬ですが、こちらの方が筋肉質でよりパワーはありそうですね。ただ体が硬く、坂もありパワー要する阪神の方が好成績を残している、という履歴も納得。

◎ローマンレジェンド
▲ブライトライン
▲インカンテーション

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中