華やかな舞台を夢見て

一口をはじめて最初の世代。
ディソサード11とシェアザストーリー11

最初の世代で重賞どころかG1に出走できるだけでも喜ばしいことなのですが、ディソサード11ことレッドリヴェールが先日行われた阪神ジュヴェナイルフィリーズにおいて1着でゴール盤を駆け抜けてくれました。

ハープスターの方が勢いがあったので「…差されたかな」と思いましたが、ビジョンに流れたゴール前のリプレイを見ると、何とハナ差出ていたではないですか!この瞬間は本当に嬉しかったです。

心配された馬体重は前走比マイナス8キロの418キロ。でも中間に出ていたフォトパドックを見る限りでは夏に函館で走った時より成長しているように見えましたし、実際パドックを見ても体がキリキリしているという感じはしませんでした。むしろ腰回りが確りしてきており、滑らかな筋肉と後肢のバネも失われていなかったので、これはもしかしたらいい勝負をしてくれるのではないかと、期待を持たせてくれるような状態でしたね。

ただこれは厩舎・牧場関係者の方々が良く馬をつくってくれたお陰だと思います。本当に感謝です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中