キャロットクラブ 募集馬レビュー2014 関西馬篇

※この記事で書いていることはあくまで私見であり、必ずしも以下に書いてある通りの素質や競走能力を示してくれる訳ではありません。

37.ヒルダズパッションの13
ディープインパクト産駒にしては筋肉に張りが無くダラっとした印象。右前の外向に加え左前内側に骨瘤もあり脚に一癖ありそうな馬ではあります。これから成長して筋肉が締まり上手いことパワータイプに成長してくれれば。幸い馬格があるので上手く潰しは利きそうですね。

38.レディドーヴィルの13
幼さの残る体型で完成は遅そうですがその割に体幹は確りした印象で、コロンとした体付きからマイル前後でスピードを活かした競馬が合いそうな造りに見えます。

39.シンハリーズの13
皮膚が薄くしなやかで洗練されたバランスの良い好馬体の持ち主。もう背中の強さが欲しいところではありますが、バネが持ち味で一瞬のキレ味を活かすというよりは全身を使った走りで、イメージとしては桜の舞台(阪神マイル)ではなく秋の淀(中距離内回り)という印象。少し左前の膝の支持に不安な所はあるものの期待の一頭だと思います。

40.レーヴディマンの13
コンパクトに纏まったディープインパクト産駒という感じですが、意外と胸前や腕がガッチリしていて掻き込み強い走りになるのではないかと想像しています。

41.シーザリオの13
確りとした胴周りに加えこれだけ発達したトモがありながらキンカメ産駒特有の硬さが見られず、やはり母の血は偉大だなと思わせられます。これは誰が見ても良い馬でしょう。外弧歩様ではあるものの外観から判断出来る脚元の不安は無さそうに見えます…が。

42.ディマクコンダの13
小柄ながらも非力に見せない程良い肉付きがあって、これで心肺能力が高ければ回転の利いた良い走りをしてくれそうな印象です。

43.ルミナスグルーヴの13
小柄ですがしなやかさを活かし全身運動が出来ればいいかなと思います。ハービンジャー産駒らしい緩さがあるので締まって来るまで時間は要しそうですね。

44.マクダヴィアの13
骨太で重たさばかりが目立ち、それをパワーへと転化出来なさそうな力感の無さを感じるので、個人的にはこの馬の長所を見出せません。

45.ジュモーの13
こちらはしなやかで筋肉が柔軟。もう少し手先が軽やかだったら良いかなとは思いますが、おそらくハービンジャー産駒に弾性を望むのは間違っているので方向性としてはこれでいいのだと思います。少し気になるという程度ですがやX脚気味ですかね。

46.ディアデラノビアの13
骨量筋肉量ともに豊富で、パワー型のハービンジャー産駒。同じ印象のマクダヴィアよりは運動神経がありそうで、早い話がやっぱりサンデーの血は凄いですねということでしょうか。

47.ヴェラブランカの13
四肢が長く骨量もあって大柄。背中も長く馬体に間延び感はあるもののそれでいて重苦しさは無いので、確りと体が動かせるようになれば大きなストライドが武器になる馬に成長してくれそうです。

48.ブルーメンブラットの13
重心が低くて纏まりよくガッチリした造りでパワー型でしょうか。引っ張る筋肉が強そうでスピードタイプかもしれませんが飛節のバネもあり単純に運動神経上位という造りにも見えます。ハービンジャー産駒は意外と奥が深いかも知れませんね。

49.ジュピターズジャズの13
腰の位置が高く体を大きく使えるのがこの馬の良い所でしょう。仕上がりも早そうに見えます。

50.ササファイヤーの13
伸びがあって全体的にゆったりした造り。父特有の緩さも加え晩成傾向にあると見ていいでしょう。各関節の可動域は広く芝中長距離で活躍してくれるハーツクライ産駒のイメージ通りの馬だと思います。

51.フォルテピアノの13
体型はステイゴールドなのですが筋肉に張り無くてあまりいい配合ではないのかもしれませんね。適性がどこにあるのか見極めるのも難しく、これは判断が付かない馬です…。

52.クリソプレーズの13
胸前や肩がドッシリしていてステイゴールドの牝馬に見えない造り。少し筋肉が重たい気はしますが動きの良さもあって素質は感じます。どちらかというとこのまま筋肉が付いてくるというより軽さが出てきた方が良いタイプに見えるので、どのように成長してくれるか注目です。

53.リーサルヒートの13
ステイゴールド産駒ながら柔らかさというより関節の硬さから纏まりの良さで勝負するタイプでしょうか。それでも筋肉量は少なめでパワー型では無いので、長所が欠点になりうる印象です。

54.ココシュニックの13
四肢が長くお尻の位置が後ろの方にありスピード対応に疑問はありますが、腰の位置を確り確保できるようになればこれはこれでいいのでしょうね。筋肉がダラっとしている印象で、全体的に締まってくればという感じです。

55.ヒストリックスターの13
これはステイゴールド産駒の柔軟性が上手く出ている、というか少し柔らかすぎる印象もあります。張りは良くて質の良い筋肉を誇っているので、これでもう少し収縮力が強ければなあという感じでしょうか。

56.カメリアローズの13
だいぶ重心が低く、その割にトモの幅が無いので上手いことごまかしが利くスピード条件で無いと厳しいのでは?という印象です。

57.ガヴィオラの13
ダイワメジャー産駒らしい馬ですね。筋肉量豊富でそれが柔軟。確かにそれが甘さでもあるのですが、キッチリ仕上がってくれば良いスピードを発揮してくれそうです。母父コジーンの淡白さが成長とともに解消されてくれば纏まりのある体に成長してくれるでしょう。

58.キッズトゥデイの13
右前の硬さが気になります。背中に間延び感があり、せっかくの強そうな筋肉が勿体無いですね。もう少しアウトラインがコンパクトに締まってた方が良かった気はしますが、それはもう仕方ないのであとは長所をどれだけ伸ばせるか、でしょうか。

59.リリサイドの13
コンパクトに纏まったダイワメジャー産駒で筋肉質ではなくややしなやかさに秀でているのは牝馬だからか母系の遺伝か。おそらく上がり勝負に向くタイプで、もう少し腰の位置が高ければなあとは思いますが、回転の速い素軽い走りを見せてくれると思います。

60.ワイオラの13
全体比で前脚の管が細く見え脚元に不安は覚えますが、ボリュームのある筋肉を備えていてスピードタイプでしょう。

61.マンボスルーの13
小柄ながら筋肉量はまずまず。姿勢が不安定でしょうか。四肢の支えに怖さがありますね。

62.リーチコンセンサスの13
長めの四肢に柔らかみのある筋肉。軽さを活かしたいタイプでしょうか。身が入って来るまで時間はかかりそうですが、芯に力が入れば。

63.ムガメールの13
馬格があるのが長所というくらいで、でもそれは悪いことではなく芝ダート問わず中距離でジリジリと粘ってくれそうな、そんな印象を持つ馬です。もっと筋肉が付いてきたり、もっと全身を使えるような柔軟性が出てきたりと、成長と共に尖った所が出てきたらもう一つ上のステージで期待できるのかなと。

64.ダンスザクラシックスの13
筋肉量は豊富なのですが、それが少し硬く上体比で四肢に不安がある造り。いわば土台が不安定な家みたいなもので、上体だけでなく四肢にも屈強さが出てくればこの馬も持ち味は活きそうです。

65.ミスエアクラフトの13
幼さが残る体型からまだこれから大いに成長は見せてくれると思います。恵まれた骨量から確り筋肉を付けていけばいいスピードを発揮してくれるでしょう。繋ぎの付き方があまり良くないように見えるので、耐えられれば。

66.ブロードアピールの13
牝馬ながら豊富な筋肉量を誇り、配合の意図が分かりやすく馬に出ていると思います。これで背中が強ければなおそのスピードの発揮に磨きが掛かるのでしょうね。あとはその支えとなる四肢ももう少し丈夫であればなあという印象もあります。

67.マチカネホレルナヨの13
トモが薄く関節にも硬さも感じるので強調材料に欠くという判断です。

68.ファーレサルティの13
付くべき所に欲しい容量の筋肉が付いていてタニノギムレット産駒っぽいアウトライン。もう少し背中が強い方が良い気はしますが。

69.リードストーリーの13
体型的なバランスは良く見せますが全体として緊張感が無く、おそらく早い運動は苦手とするタイプでしょう。

70.マギストラの13
腰高で実が詰まった体型。お尻周りにドッシリと筋肉が付いていて最低限スピードの担保はありそうですね。

71.シャンスイの13
まだまだ幼い体つきでこれから締まってくれば変わるでしょうが、もっとメリハリは欲しいと思います。トモの容量があったり柔軟性があったり良い所はあるので、これが上手く成長して変わってきてくれれば。

72.スキッフルの13
ドリームジャーニー産駒は小さい馬が多いのですがこのスキッフルはそれなりに恵まれた体躯があり、それでいて重たさは感じず動きとしては全体の連動が上手く取れていてなかなかセンスのある馬なんだと思います。

73.ジューンアナガリスの13
右前の膝の形状が悪くこれは脚が持つかどうか…。

74.レストレスハートの13
立ち姿としてのバランスは悪くないですがトモの張り出しが薄く動きとしても見張るものを感じず…。

75.クリンゲルベルガーの13
飛節の折が深く後肢が流れ気味。もっと背中や腰回りに力強さが出て来て収縮の強い動きが出来れば良いのになあという印象です。

76.プルーフオブラヴの13
体格の割に骨太で重たい気はしますが意外と纏まりはあって悪くない馬だと思います。今のところコンデュイット産駒は抜群に運動神経が無い馬ばかりで、この馬も体全体を何とか動かして走るというタイプだとは思います。そういう点で考えるともっと緊張感が合った方が良い気はします。

77.イサドラの13
カンパニー産駒はどういう馬が走るのでしょうかね。

78.スターリットラヴの13
ファルブラヴ産駒にしては骨格に角ばった所が無いのは牝馬だからでしょうかね。四肢が長めで意外と距離が持つタイプではないでしょうか。右前の膝が開くので脚元に難のある馬だとは思いますが。

79.ムービングアウトの13
ダート馬でしょうが全体的に伸びやかさがあって大きな走りをしそうな印象。もっと全体的に力強さが合った方が良い気はしますが、しっかり鍛えられて身が入ってきたら一変するかもしれませんし、これはこれで楽しみな一頭であることは間違いないでしょう。

80.クルソラの13
牡馬なのにかなり非力感がありますね。それでもシャキっとしてきてくれれば良いのですが、筋肉に強さを感じませんし個人的には強調材料が見出せない馬でした。

広告

キャロットクラブ 募集馬レビュー2014 関西馬篇」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ウインレーシングクラブ 募集馬レビュー2016 – ローランの歌

  2. ピンバック: ウインレーシングクラブ 募集馬レビュー2016 – ローランの歌

  3. ピンバック: ウインレーシングクラブ 募集馬レビュー2016 – ローランの歌

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中