Run for the Derby #3

長い長い新潟開催も終わり、いよいよ秋競馬の開催です。9月分を振り返っておきましょう。

9月6日 札幌11R 札幌2歳ステークス


1着…ブライトエンブレム
7着…ミッキーユニバース

ここは前回新馬戦を逃げて勝利したミッキーユニバースが1番人気の評価に。同じように先手を取りましたが、道中は力んで走っているようで最後は体力勝負になり、新馬戦で上がりの掛かる競馬で脚力を証明していたブライトエンブレムが後方待機策から4角は外に持ち出し差し切り。前回記事で書いたとおりミッキーユニバースはまだまだ肉体面で不安がある馬なのでこれからでしょう。ブライトエンブレムは大雑把な競馬ながらも仕上がり良くフィジカルに優れていて、そのアドバンテージが今回も活きた模様。これから新たなライバルが出現してくる中、自身がもう一つどういった形で成長を見せてくれるのか楽しみではありますね。

9月14日 阪神5R メイクデビュー阪神


1着…サトノフラム ☆☆☆

掛かる様な仕草も見せていましたが何とか抑えは効いた格好。直線は仕掛けられると楽に抜け出して抑える余裕もありました。重心が低くスピードタイプのように見えますが、四肢の伸びは良く距離は1800mくらいまでなら持つでしょうか。母父が出た造りで腹袋がしっかりあるので太めには見える体型も重厚感は無く、これだけ動けるなら。

9月20日 新潟6R メイクデビュー新潟


1着…ネオルミエール ☆☆
2着…クラージュシチー ☆☆☆

新潟外回りの新馬戦らしく超スローの上がり勝負。それにしても上位2頭の瞬発力は抜けており、3着以下を離す結果となりました。
勝ったネオルミエールは腰高で整った体型をしていますね。仕上がりも良く手先がシャープで四肢の回転が利くのでこれだけの上がりを使えたのでしょう。直線追いだされるとフラフラと頭の高い走りでまだまだ改善の余地がある競馬をしていたので、上のクラスではこのあたりが良くなってくればという印象でした。クラージュシチーはまだ太めが残りボテっと見せる造り。ただハービンジャーの良さなんですかね、体は柔軟でそれでいてカチっと嵌った所はあるのでこちらも回転の利く体型をしています。後方からこれだけ差を詰められるのですから、このレースでは運が悪かったとしか言いようがありません。頭が高く手先だけで走ってる感じなので距離が伸びた時に不安はありますが、スピードで押し切れる相手であれば通用しそうです。

9月20日 阪神9R 野路菊ステークス


1着…ダノンメジャー
6着…ジャズファンク

新馬戦で取り上げませんでしたしこの時はまだ疑問だったのですが、意外と強かったですね(笑) ダイワメジャー産駒らしく骨量があってどちらかというとパワータイプに見えたんです。だから、こういった上がりの競馬で後方から直線だけで差し切る様なレースをして勝つような馬に見えなかったんですよね。なので素直にポテンシャルを評価しようと思います。重賞で同じような競馬を京都でして勝てるか…とは思えませんが、暮れの朝日杯は同じ阪神ですしそこに出てくるようであれば下手に評価は落とせないでしょう。ジャズファンクはこのような展開になったら上がり負けするのは仕方ありません。こちらは内回りで見直し可。

9月28日 新潟9R 芙蓉ステークス


1着…ジャストドゥイング
2着…ロジチャリス

上がりだけの競馬なのに上位2頭は他の馬に比べて脚長の大型馬だった、というのがこのレースのキモでしょうか。上がり負けせずに勝ち負けに持ち込めたと言うことですね。

広告

Run for the Derby #3」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Run for the Derby #番外編 朝日杯フューチュリティステークス展望 | ローランの歌

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中