Run for the Derby 桜花賞 Photoパドック

桜花賞です。

ルージュバック
細身で腰高の体型も骨格が確りしているのか体重以上に体を大きく見せ、力強い繋ぎがバネの源。毛艶は良く見せませんがこういう馬なのであまり気にしなくても良いかも。まだ良くなる余地はありそう。

テンダリーヴォイス
小柄で父産駒らしい馬。迫力は感じませんが、阪神外回りは良いと思います。

メイショウメイゲツ
テンダリーヴォイス同様、小柄でこちらの方が硬さがある分、阪神外回りだと脚が持たなそうな印象。

ムーンエクスプレス
馬体重以上に体は大きく見えますね。おそらくデキが良いのでしょう。背は低く流石にこのコースで勝ち負けは…とは思いますが。

アンドリエッテ
華奢にも見えるほど、まだ非力でもともと骨量がかなり少ない馬だとは思いますが、その割に筋肉質で繋ぎの質が良さそうです。前走重馬場で好走していますが、良馬場の方がパフォーマンスを上げそうですね。

キャットコイン
細身でコンパクトにまとまった体付き。その割に筋肉が確り付いていて体が充実していそうな感じです。やや体が硬そうなので少し時計が掛かった方が良いかも。

クイーンズリング
小柄な馬が多いのでかなり大きく見えますね。実際、四肢が長くしなやかな造りで、前走の1400mより外回り1600mへの条件変わりは間違いなくプラスのはず。

ペルフィカ
まだトモの身入りが甘いのか重心が低く見え、まだここでは少し足りなそうです。

クルミナル
小柄なディープインパクト産駒が多いですが、この馬は肩が大きく骨量も豊富。その分、まだトモに甘さは感じますね。蹄が薄く繋ぎが長めで前走の馬場では持ち味が生きなかった可能性はありそう。

レッツゴードンキ
纏まった体型で素質はありそうですが、まだトモ腰が甘くもう一回り筋肉が付いてきても良さそうな体つき。それでも柔軟性の高そうな張りのある筋肉をしていてデキは良さそう。バネ感が無いのがネックか。

ココロノアイ
ステイゴールドの牝馬ながら胸前やお腹回りがドッシリしており、トモも丸みがあって状態も良さそうです。

◎ココロノアイ
○ルージュバック
▲クイーンズリング
△レッツゴードンキ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中