競走馬の馬体を評価する個人的指標のまとめ 頸篇

今日はサラブレッドの頭部(頸)についてです。

馬体がスムースに運動するための”舵取り”的な役割を果たすのがクビです。サラブレッドはクビをリズムよく上手く使いそのリズムが走りを定義しているといっても過言ではないでしょう。

なので、その使い方がサラブレッドの競走適性に大きく左右します。使い方と言ってももともと生まれ持ったモノは変えられず、長いものを大きく使わずに小さく使うことはできても、短いものは大きく使えず小さくしか使えない、という意味ですね。それは振り子を考えてもらえれば簡単に理解していただけることと思います。
振り子

クビの長短と太さ


よく言われている通り、クビが長いと可動域が大きくなり振り子の幅が広がるので、フットワークが大きくなります。逆にクビが短い馬は可動域が狭く小刻みに首を振るようになり、フットワークのリズムが速くなる。そのような馬はクビが長めの馬より適性距離が短い方へシフトしやすく、長い馬は走りのリズム大きくなるので中~長距離向きといわれています。
クビ短い
また、クビは長短だけでなく太さも重要な要素。筋肉にガッチリと覆われた太いクビは力強く逞しく見えますが、その筋肉の多さがスムースな動きを阻害してしまうことが多く、可動域を狭めてしまいがちです。もちろん、頭部を支えるのに心もとないような細くひ弱なクビでは運動ですぐに疲労してしまうので、どちらも極端であることが良くないということですね。

クビの動作


馬は後肢で得られた推進力を前方に伝え体を押し出すために頭部を前方へ伸ばします。股関節を大きく伸展して推進力を生み出すにはクビを前方に伸ばす必要があるのです。ただそのスイング動作は大きすぎず、小さすぎず、その馬に合った全体のバランスから得られる合理的な動作が理想的です。
股関節(走る馬 ハイスピードカメラ より)
例えば振り子を大きく振ろうとする、つまり馬が頭を上げすぎると、後躯に体重が乗りすぎます(お尻が落ちて頭の位置が不自然に高く見える)。そうすると背中が沈み(赤の下矢印がより大きくなるイメージ※注1)後肢にかけての筋肉へ負担が増し疲労が増します。逆に頭が低すぎると、後躯からのパワーシフトが十分でなくなり、前脚を地面から引き上げる動作も邪魔されて、ピッチ幅が不自然になります。
kubiの高低

(注1:※クビにある青と赤の上下矢印はクビの動作がふつうの馬と高い馬。赤い矢印の高い動作(頭を持ち上げている状態)になると背中が不必要に沈み、筋肉が緊張して後躯をうまく使えない)

とはいえ、頭が不自然に高くとも走る馬はいます。上記理論はあくまで一般論であるということに注意しましょう。

(私的アタマ高いアンバランス走法ホースNo,1のトウショウカレッジ。この馬の雄大な馬体のバランスから、もっとクビを柔らかく使い背中がリラックスして走れれば違った成績を残せていたのでは…と思っているのですが…)

クビの動作は矯正できない?


シャドーロールなどの馬具でアタマの高い馬、ギャロップ時におけるクビの動作をある程度は矯正可能だそうです。シャドーロールを着けて足元を見えななくし、逆に足元を見てやろうとして頭を下げるということを逆手に取るようなアレですね。ただなんでその馬がそういった(アタマの高い)走りをするのか、それが骨格や筋肉の付き方によるその馬の構造的な問題の場合、矯正することは不可能です。その馬にとってアタマの高い走り方がその馬の一番走りやすい走り方でということですね。前述のトウショウカレッジもクビが極端に短いわけでは無いですし体型的に見た目からはもっとクビを低く使って走れそうなのですが、「俺はサンデーが入っとらんで、ラストタイクーンなめんなよ」と言わんばかりの主張する筋肉があのような走りにしているのでしょう。

ということで、その馬の走りを定義する重要な要素であるクビの長短、筋肉の付き方や発達具合に注目してみると面白いですよということでした。

【このシリーズの以前の記事はこちら】
競走馬の馬体を評価する個人的指標のまとめ 背中篇
競走馬の馬体を評価する個人的指標のまとめ 筋肉篇
競走馬の馬体を評価する個人的指標のまとめ 飛節篇

広告

競走馬の馬体を評価する個人的指標のまとめ 頸篇」への3件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見しています。
    私のアタマ高いアンバランス走法ホースNo,1はアドマイヤビッグですね~。
    えらく不格好な走りながらも東スポ杯を差し切り勝ち。
    POGを始めて初の重賞勝ちで少し夢を見させてもらいました。

    その後骨折で長期休養。
    立て直しの間にフォームが修正されたかと思いきや、復帰戦の青葉賞でさらに高くなった走りを見てズッコケた覚えがあります(笑)

    • >ジャイガンダーさん

      いつもご覧いただいてるとのことで、ありがとうございます!

      アドマイヤビッグ懐かしいですね~。
      キンカメ世代、ちょうど競馬を毎週末のテレビで見るのを楽しみにしていた頃で、武豊が乗っていたのでよく覚えています。

      頭が高い不格好な走りが脚へ負担が掛かってたというのも骨折の原因の一つとして考えられそうですよね。
      クセのある馬は個性的で見てる分には面白いのですが、やっぱりちゃんとクビを使って走ってもらいたいものですw

  2. ピンバック: 競走馬の馬体を評価する個人的指標のまとめ 肩篇 – ローランの歌

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中