グリーンファーム愛馬会 募集馬レビュー2015

ディープインパクト産駒からサウスヴィグラス産駒まで、さまざまな産駒が募集されている今年のグリーンさんです。
※この記事で書いていることはあくまで私見であり、必ずしも以下に書いてある通りの素質や競走能力を示してくれる訳ではありません。

1.クイーンスプマンテの2014
母クイーンスプマンテの体型が出ていて比較的枝が長め。それでディープですからしなやかに体は使えているようで芝の中距離あたりに適性がありそうですね。ただ、関節が不安定で歩様にあまり力感が無いように見えます。後肢がO状肢勢となっているのも影響しているのかも。

2.アースサウンドの2014
母アースサウンドは本クラブで募集されダートの短距離で活躍した外国産馬でした。その母にダイワメジャーという配合が意図したとおりの造りに出ているようで、寸の詰まったスピードタイプ。四肢も短く距離の限界はありそう。初仔ということもありやや小柄なんですがその割に骨量が多く芝よりダートという感じはします。

3.シンギングセンセーションの2014
血統的にはダートっぽいのですが、筋肉がダラっとしたエンパイアメーカーの欠点が確り受け継がれているようで速い動きが出来るタイプではないでしょう。体の造りも各パーツが比較的長めで適性は中長距離。

4.プレンティフェスタの2014
ルーラーシップの産駒は恵まれた体格をしている馬が多いようで、おそらく父の影響が強く出るんだと思います。本馬は背中も長めで短い距離というよりはストライドを活かして長い距離でという所でしょうか。これと言って悪いところは無さそうですが、長所を探すのも難しく…。

5.タペストリーの2014
一目見て分かるキングヘイロー産駒ですが、父産駒の長所である柔軟さはあまり受け継がれていないように感じます。芝ダート問わずマイルから中距離辺りで。

6.ドリーボヌールの2014
牡馬のファルブラヴということで筋肉が硬くなっていくことを考慮しても、現状それほど骨太に見せずにある程度ゆとりがある造りから距離は比較的持ちそうな印象です。体の下側に多く肉が付いているのが気になるところ。

7.ヴァニラシャンティの2014
既に初年度産駒で勝ち上がっている馬を出しているワークフォース産駒。背中が長くお尻も小さいのでスピード型では無さそうですが手先まで力が籠っていて動きが確りしていますね。背中も長い割にピリっとしていて重苦しさがありません。

8.サヴァーレの2014
お尻は大きいのですが筋肉に締まりが無くどこまで実が入ってくるか。

9.ファンジカの2014
ダイワマッジョーレの全弟にあたる本馬。兄もダイワメジャー産駒にしては小型な方ですがこのファンジカ2014も小ぶりな造り。とは言え体型的に幼いので同年代の馬たちに比べたら成長が遅めというのもあると思います。トモの造りが良くキレを生みそうな飛節や筋肉を持っているように見えます。左前が内向気味で窮屈なので何とか脚元さえ持ってくれれば。

10.ジュエルオブナイルの2014
小倉2歳ステークスを制した母の初仔ですね。初仔の牝馬の割には体が大きく胴回りなどドッシリしています。馬体に丸みがあって良い意味で力がある造りをしているように感じます。前脚がやや疲れの溜まり易そうな構造をしているのが気になる点ではありますが、ポテンシャルはありそうです。

11.ファストアズライトの2014
キンシャサノキセキ産駒ですが胴に伸びがあってマイル~中距離辺りに適性がありそうです。とは言え脚の付き方が良くないですし飛節もスカスカ。強調点を見出し辛いですね…。

12.フサイチミニヨンの2014
一つ上の兄(父ジャングルポケット)が東サラで募集されていましたが、父が代わってもアウトラインが似てるのでこの血統は母の血が強いんでしょうね~。細身で頭の位置が高くやや硬さのある動きまで似ているのが募集動画を見ていて面白かったです。

13.リボンアートの2014
やや詰まった体型から曲線を描く後脚へのラインは完全にハービンジャー産駒のソレ。収縮力に乏しいところも父の影響が確り出ているようです。

14.シュテルンターラーの2014
繋ぎが短めで纏まった造り。お尻が小さく短い距離で良さが活きてくるタイプでは無さそうなので、もっと体が確りしてきて全身を使えるようになったらいいと思います。骨格はマズマズなので。

15.ザカラーオブラヴの2014
ロージズインメイ産駒らしく細身で迫力の無い造り。背中が長く曲飛でチョコチョコとした走りになると思います。節々が硬いのでダート向きでしょうか。

16.チャーミングオーラの2014
背中が落ちて前後間延びして見えるのが気になるところ。右前の膝が外に反っているようです。ゴールドアリュール産駒にしては硬さなく柔軟性はあるのでダートだけでなく芝でも走れそうな造りではありますね。

17.ブライダルフェアの2014
これは長所を見出すのが難しい馬ですね…。

18.ミラクルロンドの2014
タートルボウル産駒はまだそれほど多くを見ていないので良くわかりませんが特に悪いところは無さそう。褒めるところを探せば柔軟性という言葉が合っているのでしょうが、速い動きを可能とする要素に乏しいので勝ち味に遅く、長めの距離で何とか…といった印象です。

19.レイナカスターニャの2014
牝馬にしては骨量があってそれでいて動きに重苦しさが無く柔軟なのはタートルボウル産駒だからでしょうか。ただ、ミラクルロンド同様に体は柔らかいけど…という風に見えますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中