大樹レーシングクラブ 募集馬レビュー 2015

○外で多くの活躍馬を輩出した大樹レーシングクラブの募集馬レビューです。またあの頃のように活躍馬が多く出てきてくれるといいですね。

※この記事で書いていることはあくまで私見であり、必ずしも以下に書いてある通りの素質や競走能力を示してくれる訳ではありません。

1.タイキトゥインクルの14年産
枝が長めの造りで各部に伸びがありますね。肩や繋ぎの角度、筋肉の感じから大きな動きでゆったりと走る馬に育っていきそうな印象です。とは言えそれは同居しているエンパイアメーカー産駒特有の緩さから来るものでもあるはずなので、これからどこまで締まっていくかでしょうか。パワー型では無いはず。

2.リープリッヒの14年産
パイロ産駒らしい筋肉質な体型。背中が凹んでいてお尻の関節が硬く距離はおそらく持たないでしょう。両前の外向も気になるところではあります。

3.タイキフェアレディの14年産
ディープブリランテ産駒の傾向は不明ですが、牡馬にしてはやや細身の体型に映ります。背中が長く不安定で関節が弱いのか手先まで芯が入っていないような印象で、飛節も弱々しいのも気になります。人に従順そうな顔つきは素晴らしいと思いますが。

4.タイキバラードの14年産
ダートはもちろんのことノットフォーマルを輩出しているように芝でも走れる柔軟性(というか緩さというか)のある馬を出すのが種牡馬としてのヴァーミリアンですよね。このタイキバラードの14年産も現状、この募集動画を見る限りでは芝でも走れそうな造りをしているように見えます。ただそれは芝向きの軽やかさを感じるというよりは、体が硬く無いからという理由なのですが。

5.タイキアンジェリカの14年産
カジノドライヴ産駒は細身でスラっとした馬が多く、それでいて母父ワイルドラッシュですからこのような体型になるのも納得という馬。上体はさておきこの馬で気になるのは右前の外向ですね。膝の出からしてもあまり好ましくない構造をしているように見えますので。カジノドライヴ的な関節の硬さは見られるのでダートだとは思います。

6.マロノヴィーナスの14年産
やや小ぶりなサイズの割には胸が深く前躯の造りはマズマズもトモが非力で飛節も硬くこれといって強みを見出せない馬体に思えます。

7.アッシュベリーの14年産
本年度本クラブ募集馬中最もパワフルな造りで、クビ差しが確りしているのがヴィクトワールピサの良い所が上手く伝わっているんだなと思わせる体型ですが、両前脚の付き方が悪く膝の位置や繋ぎの向きがバラバラで果たしてこれは調教に耐えうるのだろうかという不安な造りをしているように見えます。それ以外は良いものを持っていると思いますので、何とか脚が持ってくれれば…。

8.エメラルドインディの14年産
ヨハネスブルグ産駒にしても腰高が目立つ体型。ただ背中はまずまず良く飛節の造りやトモのカタチも悪くはありません。肩が立っていてちょっと腰が硬すぎるので短い距離以外走るのは難しそうですが、最初からスピードを意識した調教を積んでもらって早くにデビュー出来ればとは。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中