キャロットクラブ 募集馬レビュー 2015 関東馬篇

活躍馬多数。今年も来年以降のG1ホースが隠れているはずのキャロットクラブ2015年度募集馬レビューです。

※この記事で書いていることはあくまで私見であり、必ずしも以下に書いてある通りの素質や競走能力を示してくれる訳ではありません。

No. 1 フラニーフロイドの14
やや小柄ながらも体型に見合った筋肉は付いているようで細くは見えないですね。両前の膝が反っていて着地のときに横ずれするのが気になります。全体的なバランスは良いですし水準並みの弾力を備えているようには見えるのでこのまま順調に成長してくれればなあとは思います。

No. 2 ジンジャーパンチの14
左前の内向がかなりキツイですが今のところ歩様に影響は見られないのでこれでいいのかもしれません。飛節など関節の柔らかさはディープ産駒らしく良いものを持っているようですが腰が高く背中が反っていて疲れが溜まり易そうな体型をしているように見えます。

No. 3 ラドラーダの14
(良いか悪いかはさておき)左前にソエっぽい傷跡がありますね。キングカメハメハ産駒ですが、母父シンボリクリスエス的な筋肉の重たさが体質に出ているように見えます。適性としては芝のマイル前後と言ったところでしょうか。

No. 4 リュヌドールの14
歩き方がモロにハーツクライ産駒のそれで、これはそこまで減点材料としてなくてもいいと思います。柔らかいことは柔らかいけど関節に遊びが有りすぎてあまり速い動きが出来無さそうな造りになっている方が気になりますね。

No. 5 イグジビットワンの14
右後の繋ぎが寝すぎていて球節に負担が掛かりやすい構造になっているようです。上体はまずまず良いものを持っているように見えるので脚に疲れが出なければというところでしょう。

No. 6 メジロダーリングの14
頭から背中にかけてのラインと傾斜のある肩。なだらかな背中からお尻に向けて適度な丸みがあり無理のない前後肢の造り。歩かせても柔らかくこれが締まってきたら芝中距離で良い走りを見せてくれそうです。もちろん、こういった造りのハーツクライ産駒なので諸刃の剣ではありますね。

No. 7 ラクカラチャの14
ハーツクライ産駒みたいな歩き方してるのでハーツ産駒かと思ったらステイゴールド産駒なんですね…。曲飛気味にしても両後ろの飛節が近い歩様でやや硬さの見られる点は気になりますが、それ以外は特に悪い所は無いように見えます。

No. 8 シーズンズベストの14
脚の付き方が良くないのでこれは脚元との戦いになると思います。

No. 9 ディアデラノビアの14
筋肉質でパワー型のマイラーという体型ですが、お尻の付き方があまり良く無いように見え曲飛ということもあり仕上がりが遅いタイプかもしれません。ハービンジャー産駒で曲飛は成長面でネガティブ要素が多いかも。

No. 10 スナップショットの14
特にこれと言って目立った欠点は無いんですが逆にこれといった強みを見出すのが難しい馬体。現状の体型や蹄の大きさから仕上がりも遅めに映ります。

No. 11 キューの14
これは両前、特に右前の膝から下が内角をエグるカミソリシュートばりの内向でまずこれがどのように改善されてくるのか(またはしないのか)でしょう。曲飛で骨太の割にトモの可動域はまずまず確保されていて良いものは持っているように見えますので、脚が何もなければいいのですが。

No. 12 ピューリティーの14
骨格に見合った筋肉がメリハリよく付いてくるともっと良くなる思います。骨太な体型ですが硬さは無くパワーを活かせる条件ならば芝でも走れると思います。特に悪い所は無さそうなので、これからどんどん良い方に成長していってもらいたいですね。

No. 13 マイティースルーの14
低重心でおそらくマイル以下に適性がある馬だと思いますがその割に体を大きく使える関節のしなやかさと筋肉の柔軟性を備えているようです。お尻がやや小さめで腰も甘いですしこの小ささは成長しても付きまとうものなのでどうしようもないですが、長所を褒めてあげることにしましょう。

No. 14 ヒシシルバーメイドの14
既に左前の外に骨瘤があって管もぼんやりしているように見えるので骨はあまり強くないのかもしれません。背中も弱そうでお尻が後ろに置いてかれているような造りになっているのですが、柔らかさはあるので筋肉が確りしてくれば。

No. 15 アドマイヤセラヴィの14
膝の形状か肢軸がブレて繋ぎも長めなので球節や繋ぎに疲れが溜まり易いかもしれません。トモの造りはまずまず良さそうなので前脚が持ってくれたらという感じですかね。

No. 16 クレヨンルージュの14
両前脚の付き方もですが背中が短すぎてかつ細いのが目に付きます。お尻の大きさや飛節の造りなどはそこそこ良いので、体型的なバランスは悪く映りますが良い所はあると思います。

No. 17 ポトリザリスの14
腰の位置が高く長く使えそうな後肢に目が行きますが繋ぎが硬く立っていて膝と飛節が利いてませんね。ややお尻は小さいですが全体的なバランスは良く見えるのでその点がどう影響してくるかでしょうか。

No. 18 メジロフォーナの14
右前の内向にはまあ目を瞑るとしてポトリザリスの14をさらに固めてシャープにしたような造り。おそらく芝の中距離がこの馬の適性舞台となるのでしょうが繋ぎが弱く強調点を見出し辛い一頭です。

No. 19 エンシェントヒルの14
全体的な骨格の細さは牝馬にしてもうーんという感じ。これで細いなりに強さが出てくれば良いのでしょうが、現状で腱や体幹的な強さはあまり感じず。上体のバランスはまずまず良いので体に芯が入ってきてどう変わるかに注目しましょう。

No. 20 リッチダンサーの14
脚が短い割に肩が大きいので背丈はそれほど短く見せませんね。造りが緩いのでいつ完成されてくるかは分かりませんが、適度に柔らかくしなやかな筋肉に覆われていて関節にも硬さが見られないことから芝の中距離で良い走りを見せてくれそうな期待は持てる馬ではないでしょうか。

No. 21 スターペスミツコの14
体のバランスが良く枝も長いので見栄えはしますし中距離以上を確り走れる体型に見えます。ただ、骨格比で筋肉が薄付きで首や腕回りにもう少し欲しい所。一見芝向きにも見えるのですが繋ぎが硬く飛節も利かないのでおそらく芝ではな無くダートというタイプのはずなので、その点が気になるところではありますね。

No. 22 ティフィンの14
ゴールドアリュール産駒ですが牝馬だからか筋肉に硬いところが無くて適度に関節の動くのでもしかしたら芝でも…と思わせる体型。やや小柄で飛節の折が深めなのは気になるところ。

No. 23 ボルボレッタの14
クロフネ産駒らしく関節が太く筋肉の状態からもこのまま硬さが出てくるならダートだとは思いますが、現状では芝でも走れそうな造りに見えますね。こういった体型の馬ですのでもっとお尻が大きかったらなあとは思いますが。

No. 24 カスタリアの14
先のボルボレッタより一回りコンパクトにしたクロフネ産駒。骨太で関節が硬いのでこれはダート馬でしょう。体が確りしていて外見的には特に問題が無さそうに見えるのでダートの短い所でコツコツと走ってくれそうです。

No. 25 フェルミオンの14
繋ぎが硬いわけでは無さそうなんですが膝(特に右前)をかばった様な歩きをしているのが気になります。現状は体を使えていないようなので成長するにつれてここら辺りがどのように改善されてくるかでしょうね。

No. 26 フォルテピアノの14
両前脚を外に振る歩き方ですが膝がハの字に付いているのでそれは仕方ないのかもしれません。背腰やトモなどかなり甘さは見られますがトモの関節に良さがあってこれからの鍛錬次第では化ける要素を秘めた馬には見えます。

No. 27 モンプティクールの14
骨太で重心が低くパワー型のスプリンターになりそうな体型。脚の造りが若干窮屈で一抹の不安はありますが上体のバランスはまずまず良くて良い筋肉が付いてきそうな感じはします。

No. 28 トキオリアリティーの14
産駒のデキが安定している母トキオリアリティーですが、ダノンシャンティを付けても(失礼)こういった素質のありそうな仔を出すんですね~。しなやかな筋肉に柔軟性のある関節、体のバランスが良くあまり欠点の無い体型。四肢がやや細めに映りますが硬さは無く牝馬であることを考えればまずまず許容範囲内でしょう。これでトモに丸みが出てきたら尚良くなりそうです。

No. 29 カドリーユの14
かなり華奢な体型で首も長め。これからもっとふっくらして来て欲しいですね。

No. 30 シャンスイの14
細身で曲飛の体型なのでトモが入ってこない走りにはなると思いますが腰の位置は良く関節も動きますからこの状態をキープしたまま成長してくれればいいのかなあとは思います。

No. 31 グリッターカーラの14
シャンスイ以上の曲飛で繋ぎも硬く、一瞬脚しか使えないパワータイプになるんだと思います。胴に伸びがあってパワフルな体型と筋肉を持っているのにそれが活かされそうにないのがちょっと残念ですね。

No. 32 ハンドレッドスコアの14
外向なのはまあいいとして牝馬にしてもちょっと非力で華奢な体型。お尻も小さくこれから筋肉が付いてきて体が大きくなる要素が余りないので、手先の強さや筋肉の柔軟性で勝負をしたいところだとは思いますがその素養を見出すのも難しく。

No. 33 ケイティーズジェムの14
シンボリクリスエス産駒ですが母系の軽さとしなやかさが出ているようで重たさは感じません。関節が柔軟でいいものは持っていると思いますが、かなり体質が緩くこれからどのように締まってくるか、成長次第な所はありそうです。良い方に成長してもらいたいですね。

No. 34 テイクワンズアイの14
右前の軸がブレていて歩様に影響してるのでこれがまずどうなのかという所。ファルブラヴ産駒らしく骨量あって体が確りしてきた方がいいタイプだと思うだけに、体の支えが気になります。

No. 35 ヴェラブランカの14
大型馬で背中が長いのに曲飛というちょっと残念な体型。まだまだ幼い所はあるのでこれから背が伸びて体型が整って来ればもう少しバランスは良くなるのかなあとは思いますが。

No. 36 クリンゲルベルガーの14
背中や腰に力が無いので引きずるような歩様になっていますから、ここからどれだけそこが確りしてくるかでしょう。

No. 37 ドレスデングリーンの14
細かい粗を探せば幾らでもあるのですが、カンパニー産駒にしては体が確りしている所を褒めましょう。所々に力が籠ってくれば思ったよりは走ってくれそうです。

No. 38 カラベルラティーナの14
スマートファルコンにクロフネなので骨量豊富で筋肉質。分かりやすいダート短距離馬でしょう。背中が長くだいぶ緩いのでこれがどう仕上がってくるのかにも拠りますがそれが解消されれば良いスピードは見せてくれそうです。

No. 39 外)Sweet Dreams Babyの14
血統はよくわかりませんが四肢に伸びがあって関節や筋肉の硬さは感じませんからダートということは無いはず…と思いますが背中や腰の感じを見ると成長したらもっと硬くなってきて距離を持たせるのは厳しくなるのかなあとも。ちょっと評価(良い悪いの意味では無く)が難しい馬です。

関西馬篇はcoming soonということで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中