2016年 皐月賞回顧

3強対決と言われた今年の皐月賞を見てきました。

馬場や強風の影響がどれほどあったか詳しくは分かりませんが、それにしても早いペースで息の入らない厳しい流れを差し切ったのは伏兵ディーマジェスティ。
3強と言われた馬たちも掲示板には載っているのですからこれで評価が落ちることはなく、ディーマジェスティの能力が正当評価されていなかったと見るのが今年の皐月賞でしょうか。

さて、ディーマジェスティはとりあえず置いといて、3強のパドックを振り返ってみましょう。

1番人気はサトノダイヤモンド。
セレクトセール高額馬でPOG各紙でも高評価。デビュー前から期待された通りのパフォーマンスを見せ満を持して東上してきたサトノダイヤモンドを見るのが今年の皐月賞の一番の楽しみだったといっても過言ではないくらい、どんな馬なんだろうかとワクワクしていました。

結論から言うと、凄い”かもしれない”馬だなあと感じました。ディープ産駒としては大型で手足が長め。そして胴部も比較的長めです。このようなタイプは仕上がり遅く、今の時期はまだシャキッと動けるだけの筋肉量を備え切れておらず、素質だけで足りるレベルならまだしもG1となれば厳しいというのが過去の同じような馬たちを振り返っても明らかです。ところがサトノダイヤモンドは体を持て余すこと無く、正確には、持て余しているのですがそれでも十分それらを動かせるだけのセンスがありました。近年では重たい体を動かそうとするエネルギーを発揮させるより、エネルギー効率の良さが重視されいかに少ないエネルギーで遠くへ四肢を伸ばせるかというのが重視されているように感じるのですが、このサトノダイヤモンドにかかれば自身のスケールを活かすなんぞたやすいもの。運動神経が図抜けているのでしょうね。

2番人気はリオンディーズ。

リオンディーズは前走の弥生賞からトモが膨らんできているように見え、それでいてある程度仕上がりも良く背中のラインも決まっていて持ち前のしなやかさも失われていませんでした。週中の立ち写真で右前の踵を少し高く作っている見えたのでどこか不安でも出たのかなと思っていましたが、特に悪そうな所は外見からは何も見当たらなかったので安心しました。

3番人気のマカヒキ。

マカヒキは「これぞディープインパクト産駒のバネ」というべき球節や繋ぎの弾力性を持ち、そしてそれらがブレない芯の強さを持った馬。母父フレンチデピュティですし姉ウリウリが比較的短い距離に適性のある馬ですから仕上がってくると嫌な硬さが出てきてこの馬の良さが失われてくるのではないかなと心配していましたが、まだそのような所は見られませんでした。

そして勝ったディーマジェスティは…勝つと思ってなかったから動画はありません(笑)

いや~、面白いですよね。父はマカヒキやサトノダイヤモンドと同じティープインパクト。サトノダイヤモンドやマカヒキの良さをディープらしいバネとか運動神経とさっき言いましたが、このディーマジェスティからはそのような要素を一切感じませんでした。(だから動画が無いんですよ…)
もちろん、ディーマジェスティにも素晴らしい所はあります。お腹回りがドッシリしていて捌きが実直。この馬の縦比較でキッチリと造られてきていましたし、甘い所は見られません。ただ、前述の馬たちと比べてしまうとどうしても見劣って見てしまいがち。ではなぜディーマジェスティが3強を凌駕し皐月賞を制することが出来たのか。ただ展開が向いただけ?いやいや、ディーマジェスティも確りと強い馬ですよ。

この馬を管理する二ノ宮調教師はディーマジェスティのことを「この馬の一番の良さは心肺能力の高さ」と評しています。
【皐月賞】伏兵ディーマジェスティ驚脚1冠!3強沈めレコード制覇 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

なるほど…心肺能力の高さですか。つまりスタミナに優れた馬ということでしょうか。
マカヒキやサトノダイヤモンドのようなバネはなく、リオンディーズ程の筋肉量やしなやかさも無い。体も彼らに比べたら小さく見た目にはディーマジェスティが3強を上回るような要素を感じ取ることは出来ません。しかしそれこそが「スタミナに優れている」ディーマジェスティの良さなんですよね。人間の長距離ランナーが洗練された無駄のない体つき(Dマジェは母父の影響かお腹回りは確りしていますが)をしているように、過去の競走馬を遡っても優れたスタミナタイプの馬というのは一見、強そうには見えない(=外見からは良さを見出し辛い)馬が多いです。必要以上に筋肉があったりするとよりエネルギーが必要になりますし、瞬間的に速く強く動くことへの優位性は生まれますが、関節の可動域が狭くなるようなこともあります。さきの記事で二ノ宮調教師も言っていますが、だからこそ”飛ぶような走り”をするのではなく”沈むような走り”を続けることが出来るんでしょうね。もしディーマジェスティが「おれもノーザンF高校に入学してマカヒキやサトノDのように空を飛びたいんや!」と言い出すようだったら、きっと平凡な一生を送るような馬だったでしょう。長所を理解しトレーニングを施してくれる所に見出されて良かったですね。

さて、ダービーへ向けて。
サトノダイヤモンドは運動神経が素晴らしいと言いましたが、トモや背中が甘くまだまだ上積みが見込めるような造りでした。仕上げも明らかにダービーを見据えてのもの。もちろん、これがこの馬の現状であと1カ月でこれ以上は望めないという可能性もあります。ダービーでどう変わってくるのか、これはまた楽しみですね。マカヒキはディーマジェスティとは相反する長所の持ち主であるのにも関わらずこの展開で大きく負けなかった、という点でこの馬の違う引き出しが見られたのではないかと考えています。リオンディーズはリラックスして走れないのがネックですがそれがこの馬の良さでもあり、それを抑えながらも爆発させたのが兄エピファネイア@ジャパンカップのパフォーマンス。精神面だけでなく肉体面でもまだ磨ける所があるはずで、どこでそれらが噛み合ってくるかでしょう。ディーマジェスティは高い心配能力で同じピッチでどこまでも走り続けられるような沈む走りがダービーという舞台で活きるかどうか。

あと1カ月、各馬順調にダービーを迎えられるよう、そしてダービーが素晴らしいレースになりますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中