ラフィアンターフマンクラブ 募集馬レビュー2016 前篇

※この記事で書いていることはあくまで私見であり、必ずしも以下に書いてある通りの素質や競走能力を示してくれる訳ではありません。

ウインに続いてラフィアンです。
(早期募集のNo.1と2は省略)

3.アドマイヤジュノーの15
発達した体格の持ち主でハービンジャー産駒特有の緩さは見られますが、そこまで欠点として捉えないくてもいいのではないでしょうか。全体的に確りしてくるまでは時間は掛かるでしょうが、体を大きく使える強みが活かせる舞台での活躍に期待しましょう。

4.アプローズビコーの15
やや立気味の肩ですが四肢の運びには柔らかみが有って短距離に拘らなくてもマイルくらいまでならこなしてくれそうな印象です。少し背中が窮屈なのは気になります。

5.オートキュイジーヌの15
関節が硬いのでダートでしょうが、パワフルな造りなので体型で負けない動きは出来そうです。

6.カメリアビジュの15
アイルハウアナザー産駒にしてはトモの関節が柔らかく恵まれた体格を確り使えそうな所がこの馬の長所だと思います。手先は硬いのでダートでしょうし、後脚の球節が緩いのは気になりますが、成長と共に体が確りしてくれば期待は持てそうな馬ではないでしょうか。

7.クールベットの15
母父キングヘイローにステイゴールドですと柔らかすぎないかと心配になってしまうような配合ですが、母がスピード型だったようなので大丈夫でした。気になるのは左前脚の腱が既に膨らんでいるように見える所です。毛が伸びているだけでそう見えるのならいいのですが。

8.コスモエンドレスの15
スペシャルウィークは大型だった骨格を伝えやすいようで牡馬に出ると軽さが少し足りずダート向きに出ることもあります。本馬もややパワー型に見えますがダートだけと言う訳でも無さそうなので中距離以上で体格を活かした走りをしてくれるはずです。

9.コスモハートの15
左前脚の外向がキツく既に膝にコブのようなものも出来ていますし前脚の形状が欠点となってしまうかもしれませんが体付きは悪くはないです。

10.コスモバタフライの15
母コスモバタフライは万年冬毛が伸びているような馬だったので本馬も牡馬ながら冬毛が伸びていて安心しました。お腹が切れ上がるような体型も似ていて改めて遺伝は凄いなあと思わせてくれる一頭です。

11.コスモミールの15
母産駒らしい小型で軽さのある体型。繋ぎが長い割に硬めなので前脚に疲れが溜まり易いかもしれません。

12.サンディシフターの15
カネヒキリというと筋骨隆々の圧倒的パワーでダート界を席巻していたというイメージですが、産駒は大型だとスピードが足りないということなのかそれほど大柄では無い馬が走っている傾向があるように思えます。本馬は骨格のバランスは確りしているものの、そこまで骨太では無く大型にはならなそうな良い成長を遂げてくれそうなカネヒキリ産駒という印象を持ちました。

13.スクリーマーの15
胴が詰まった骨太体型。アドマイヤマックス産駒らしく筋肉質の体格で距離はマイル以下といったところでしょう。

14.スリーダイメンションズの15
四肢が長くスラットした体型に見えるのは上体の肉付きがやや薄手というのもあるかもしれません。この体型ならもう少し柔軟性があった方がいいように思えるのですが、関節が硬く手先でチョコチョコと走るような馬になってしまうような印象です。

15.セラミックガールの15
左前の膝が外に向いているので左右回りに対する走りのクセは出てきそうですが、骨格のバランスは悪くなく芝ダート問わずマイル辺りで走ってくれそうなイメージは持てます。ややトモが非力に見えるので乗りこまれて筋肉にメリハリが出てきたら良いですね。

16.フローラルジュノーの15
背腰がかなり緩くその割に股関節が硬めなのでトモの入りが良くなって来ないかもしれません。

17.マイネアラベスクの15
比較的小柄な馬が多いマツリダゴッホ産駒にしてもちょっと小さいでしょうか。小さいというかかなり薄手という印象なので、全体的にもっと筋肉が付いてきたらとは思います。

18.マイネインティマの15
飛節の形状が悪く手先の強さだけで走るような馬になってしまわないかなあという印象。

19.マイネエスポワールの15
さきほどのマイネアラベスク同様、マツリダゴッホらしい体型ですがこちらは非力さは感じません。柔軟性を活かし全身を上手く使って走れるようになれば。

20.マイネサマンサの15
四肢が短くこの父産駒らしい飛節で距離は持たないタイプでしょう。だいぶ緩さのある体付きをしていてそれでいてこの体型なので、これがどれだけ締まってくるかでしょうね。

21.マイネシャローナの15
細身の体型も繋ぎが長く完成はかなり遅めでしょうか。

22.マイネテレジアの15
お尻が若干小さく全体的にもあまり体が大きくなってくる要素を感じませんがこの父ならまあいいでしょうかね。体の使い方は良くステイゴールド産駒らしいしなやかさや軽さを見て取れるので、このまま長所を活かすように成長してくれればと思います。

23.マイネトゥインクルの15
マイネテレジアと同父の本馬も遅い産まれを考慮しても若干小柄。背中も反っていますしまだまだこれからの馬だとは思うので変わる要素はあると思います。

24.マイネフェリックスの15
この時期かなり華奢に見える馬が多い中で、本馬は血統的なものかドッシリとした体型の持ち主。骨太で背中も長く適性としてはダートの中距離といった所でしょうか。

25.マイネプリンセスの15
ステイゴールド牝馬にしては骨格が確りしており体重に悩まされることはなさそうな体型をしていますね。反面、繊細さは無く緩さが残りそうな体質に見えるのがどうでしょうか。

26.マイネランデブーの15
マツリダゴッホ産駒ですが胴伸びがあって背も高め。父は違えど外見的なシルエットは兄のディアドムスに似てると言えば似てるといった印象。左前が内にササる歩様が走りにどこまで影響するか。

27.マイネルーチェの15
体型的には欠点が多く、手先の強さでどこまでカバーできるかというような印象です。

28.マルティプライの15
骨太で柔軟。これで筋肉の収縮も強ければ素晴らしいのですが、ディープスカイ産駒の多くがそういった筋肉を備えていないのが残念な所。本馬もダラっとした脚を使うような印象しか現状は持てず、これから育成でどこまで変わってくるかでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中